緊急地震速報の仕組み!P波とS波は速さが違う?

地震で揺れる前に緊急地震速報が入ってきます。

どうして、事前に地震が起こることを知ることができるのでしょうか?

ここでは、緊急地震速報の仕組みなどについてご紹介します。

緊急地震速報の仕組み

なぜ緊急地震速報は揺れる前に出せるのでしょうか?

地震が発生すると、地震波が地球内部を伝わり、さまざまな場所が揺れます。

地震波が最初に発生したところを震源と言います。

震源から伝わってくる地震波には、P波S波があります。

地表付近を伝わる速さは異なります。

P波とS波は速さが違う
  •  P波・・・5~7km/s
  •  S波・・・3~4km/s
このことから、地震が発生して最初に観測点にやって来るのはP波であることがわかります。


地震が発生すると、最初に小さい揺れであるP波がやって来ます。

最初の小さな揺れは初期微動と呼ばれています。

その後、大きな揺れのS波がやって来るのです。

大きな揺れは主要動と呼ばれています。


地震計が最初のP波を観測すれば、その後大きな揺れが来ることを警告することができます。

これを利用したのが緊急地震速報です。

ただし、震源と地震計が近いと、P波とS波がほぼ同時に来てしまうので警告を出すことができません。

緊急地震速報の仕組み
(出典:気象庁ホームページより)

スポンサーリンク

緊急地震速報の震度設定は?

緊急地震速報の本格運用は2007年10月からスタートしました。

緊急地震速報は、どれくらいの大きさの震度に設定されているのでしょうか?

2つ以上の観測点で地震が観測され、最大震度5弱以上が予想される場合に発表されます。

1つの観測点で地震が観測されても緊急地震速報は出ません。

それには理由があります。

1つだと、落雷などで誤作動するおそれがあるので、必ず2つ以上となっています。

多くの人の命や生活などに直結するだけに、誤作動は可能な限りなくしたいということのようです。

緊急地震速報の震度設定は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。