震度とマグニチュードの違い・関係は?比例している?

大きな地震が発生すると、テレビ局は地震に関するニュースを報じます。

その中で、よく耳にするのが震度とマグニチュードです。

震度とマグニチュードはどのような意味で、それぞれの関係はどうなっているのでしょうか?

ここでは、震度とマグニチュードの違いや関係などについてご紹介します。

震度とは?

震度は、それぞれの場所での揺れの大きさを表します。

場所によって大きさが異なります。

震度は震源から近いほど大きいですが、離れると小さくなります。

これは、震源の浅い地震の場合の話です。

震源の深い地震では、遠くに離れた場所の方が近くよりも大きく揺れることがあります。

震度とは?

スポンサーリンク

震度の段階数と違い

震度には10段階あります。

10段階もあるのかと驚いた人もいるでしょう。

意外と多いです。
震度の段階数と違い


震度によって、体感などは大きく異なります。

それらを一覧にすると、次のとおりです。

震度 体感・行動など
0 人は揺れを感じないが地震計には記録される
1 じっとしているとわずかに感じる人がいる
2 じっとしている人の大半が揺れを感じる
3 歩いていても揺れを感じる人もいる
4 ほとんどの人が驚く
5弱 大半の人が怖いと感じ、物につかまりたいと思う
5強 大半の人が物につかまらないと歩くことが困難である
6弱 立っていることが難しい
6強 動くことができず飛ばされることがある
7 動くことができず飛ばされることがある

震度に0があることを知らない人は多いと思います。

人は感じなくても、地震計には記録される揺れがあるようです。


どうして、震度5と6にだけ強弱があるのかしっていますか?

震度5と6が強弱に分けられたのは、1995年の阪神・淡路大震災がきっかけです。

気象庁の職員が現地調査をしたところ、震度5と6でも場所によって被害の大きさが異なっていました。

そこで、震度5と6はさらに強と弱に分けた方がよいということになりました。

その方が、被害をより細かく表すことができます。

マグニチュードとは?

マグニチュードは地震の規模(エネルギー)を表します。

そのため、震度のように場所によって異なることはありません。

マグニチュードは1つだけです。


マグニチュードは数値で表されます。

大きな地震が起こると、気象庁は今回の地震のマグニチュードがいくつだったのかを発表します。

マグニチュードが7クラスなら大地震で、8・9クラスなら巨大地震と言われます。

小・中地震では、メディアなどでマグニチュードの大きさが取り上げられることはほとんどありません。

取り上げられるのは震度のみです。


プレートの境界で大きな地震が起こりやすいことがわかります。

世界のマグニチュード6以上の震源分布とプレート境界
世界のマグニチュード6以上の震源分布とプレート境界
(出典:内閣府 防災情報のページより)

マグニチュードが1違うと

マグニチュードは地震の規模のことで、エネルギーを表していると先ほどご説明させていただきました。

では、マグニチュードが1違うとエネルギーは何倍違うのでしょうか?

マグニチュードが1違うと、エネルギーは約32倍になります。

驚くべきことに、2違うと1000倍も違います。

マグニチュードが1違うと

マグニチュードと震度の関係は?比例するの?

マグニチュードと震度とはまったく異なるものです。

そのため、マグニチュードが大きくても、最大震度が大きいとは限りません。

震源が深いと、マグニチュードは大きくても地表での揺れ(震度)はそこまで大きくないことがあります。

つまり、マグニチュードと震度とは必ずしも比例しないということです。

マグニチュードと震度の関係は?比例するの?


過去の起こった主な地震の震度・マグニチュードをまとめてみました。

震度が小さくてもマグニチュードが大きい地震や同じ震度でもマグニチュードの大きさがまったく異なる地震があることがわかります。 

発生年及び地震名 震度 マグニチュード
1995年 阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震) 7 7.3
2004年 新潟県中越地震 7 6.8
2011年 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震) 7 9.0
2016年 熊本地震(1回目) 7 6.5
2016年 熊本地震(2回目) 7 7.3
2018年 北海道胆振東部地震 7 6.7
2021年 福島沖地震 6強 7.3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。