自宅で火災が発生した時の対処法は?

火災はどこで発生してもおかしくはありません。

ちょっとした不注意で発生します。

そのため、自分には関係ないと思わず、万が一の時に備えておかなければなりません。

ここでは、自宅で火災が発生した時の対処法についてご紹介します。

火災(火・煙)の特徴

一般家庭で火災が発生する原因として、てんぷら鍋からの出火が多いです。

油は温度が上がりすぎると出火します。

少しだけなら大丈夫と、鍋から目を離してしまうことがあります。

これが元で火災が発生してしまうのです。

自宅で火災が発生した時の対処法は?


出火すると、炎と煙が立ち上がります。

まずは、炎と煙は縦方向に伸びていきます。

天井に達すると、今度は横方向へと広がっていきます。

最終的には、天井付近で溜まった煙が下へ下がってきます。

ここまで来るとかなり危険です。

スポンサーリンク

炎よりも煙が怖い!一酸化炭素中毒には注意

火災が発生すると、何でも燃やしてしまう炎が怖いと思いがちです。

しかし、実は煙の方が怖いです。


可燃物が燃えると、一酸化炭素や有毒ガスなどが生じます。

煙には、これらが含まれています。

特に、一酸化炭素には注意が必要です。

濃度にもよりますが、濃い一酸化炭素を吸い込むと動けなくなります。

たったのひと吸いでです。

もうひと吸いすると、意識を失ってしまいます。

火災が原因で亡くなった人の多くは、一酸化炭素中毒になって意識を失い、焼死してしまうのです。

炎よりも煙が怖い!一酸化炭素中毒には注意

自宅で火災が発生した時どのように対処すればよい?

自宅で火災が発生しているのに気づいたら、まずは家族に大声で知らせます。

炎や煙が広がれば、避難が難しくなるためです。

それと共に、119番通報します。

炎や煙の状況次第になりますが、可能であれば初期消火を行います。

早ければ早いほど効果があります。

ただし、炎や煙が広がっていれば避難を優先させます。

無理をすると、自身の命が危険です。


避難する際は、一酸化炭素中毒にならないように注意しなければなりません。

ハンカチや衣服などで、鼻と口を押さえます。

姿勢をできるだけ低くして移動します。

炎よりも煙が怖い!一酸化炭素中毒には注意

火災を予防する・備えておく

火災はある程度予防することができます。

先ほどの天ぷら鍋の例であれば、火を扱う際は絶対に目を離さないようにします。

配線やコンセントから火災が発生することがも多いです。

そのため、タコ足配線は行わず、コンセント回りのホコリなどをきれいに掃除するようにします。

これだけでも、火災のリスクは軽減できます。

火災を予防する・備えておく


他には、すぐに初期消火できるように、台所近くに消火器を置いておきます。

火災報知器の設置もきちんと行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。