風の強さと目安とは?風速とは?

風は、私たちの生活に大きな影響を及ぼします。

それだけに風の強さには注意が必要です。

ここでは、風の強さと目安、風速などについてご紹介します。

風速とは

風速とは、風の強さを表すものです。

単位はm/s(メートル毎秒)です

1秒間に1mの速さという意味です。


では、風速はどのように計算されるのでしょうか?

風速は、10分間計測した際の風速の平均値のことです。

ある程度の時間内における平均値を出さないと、実際と大きな誤差が生じてしまいます。

風速とは


また、瞬間的な観測値を出すことがあります。

それが瞬間風速です。

その最大値が最大瞬間風速です。

台風情報を聞いていると、よく耳にする用語です。

瞬間風速は平均風速の1.5倍ほどになることが多いです。

スポンサーリンク

風の強さと目安とは

風の強さは4段階に分けられます。

それぞれに目安と風の強さを示す表現があります。
風の強さと目安とは

次のとおりです。

やや強い風

 
平均風速は10m/s以上15m/s未満です。

  •  風の方に向かって歩きにくくなる
  •  傘をさせない
  •  樹木全体が揺れる
  •  電線が揺れる

強い風

 
平均風速は15m/s以上20m/s未満です。

  •  風に向かって歩けない
  •  転倒する人が出る
  •  看板やトタン板が外れ始める
  •  屋根瓦がはがれるおそれがある
  •  小枝が折れる

非常に強い風

非常に強い風は平均風速により2つに分けられます。

平均風速は20m/s以上25m/s未満の場合

  •  何かにつかまらないと立っていられない
  •  飛来物によって負傷するおそれがある
  •  屋根瓦が飛散するおそれがある
  •  小枝が折れる

平均風速は25m/s以上30m/s未満の場合

  •  立っていられない
  •  飛来物によって負傷するおそれがある
  •  看板が落下・飛散する

猛烈な風

 
猛烈な風は、平均風速により3つに分けられています。

30m/s以上35m/s未満(①)、35m/s以上40m/s未満(②)、40m/s以上(③)です。

  •  看板が落下・飛散する(①)
  •  屋外での行動は極めて危険(①②③)
  •  外装材が広範囲にわたって飛散する(②)
  •  樹木が根こそぎ倒れる(②③)
  •  ブロック塀が壊れる(②③)
  •  木造住宅が壊れる(③)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。