電車の中や駅で地震が起こったらどうする?

電車の中や駅で地震が起こることがあります。

地震が起こったらどうすればよいのでしょうか?

また、電車の中でのリスクを少しでも減らす対策についてご紹介します。

電車の中で地震が起こったらどうする?

電車が走行している時に大きな地震が起こると、電車は緊急停止します。

それによって、立っている人が将棋倒しになるおそれがあります。

たくさんの人が将棋倒しに巻き込まれるとかなり危険です。

さらに、電車が脱線してしまうこともあり得ます。

電車の中で地震が起こったらどうする?


では、電車の中で地震が起こったらどうすればよいのでしょうか?

できることは限られています。

緊急地震速報が鳴ったら手すりや吊革につかまることです。

みんながしっかりつかまれば、将棋倒しが起こる可能性は少しは低くなります。

周囲に手すりや吊革につかまるように声かけするのも大切です。

あとは、車掌の指示に従うようにします。

慌てないで行動します。

スポンサーリンク

電車の中でのリスクを少しでも減らす対策とは?

電車の中でのリスクを少しでも減らす対策についてご紹介します。

電車はどの車両に乗ってもリスクは同じなのでしょうか?

実は、先頭車両と2両目のリスクがかなり高いです。

脱線事故など大きな事故が発生した場合、先頭車両と2両目に乗っている人が死傷することが多いためです。

このことから、3両目以降の車両に乗った方が安全であると言えます。


座っているのと立っているのとではどちらが安全なのでしょうか?

立っていると将棋倒しに巻き込まれるおそれがあるので、座っている方が安全です。

もし座れなかったらどうすればよいのでしょうか?

その場合はドア付近で手すりをつかんで立つとよいです。

ドア付近は、座席と座席の間に位置するので、場所的に棋倒しに巻き込まれにくいためです。

どうしても、電車の中央で立たないといけない場合は、手すりや吊革をしっかりつかみます。

万が一の時でも倒れないように注意します。

電車の中でのリスクを少しでも減らす対策とは?

駅の構内で地震が起こったらどうする?

地下鉄など駅の構内で地震が起こった場合、特に頭上に注意しなければなりません。

天井や掲示板などが落下してくるおそれがあるためです。

他には、ロッカーや自動販売機などが倒れてくることがあります。

地震の揺れで、線路に落ちてしまうこともあり、かなり危険です。

駅の構内で地震が起こったらどうする?


では、駅の構内で地震が起こった場合、どうすればよいのでしょうか?

止まっている電車があればその電車に乗り込むとよいです。

乗ってしまった方が命を守れます。

車両は、頑丈なつくりで安全であるためです。

しかも、頭上から物が落ちてくる危険性も少ないです。

もし止まっている電車がなければ、線路から離れて、頭上に物がない場所へ移動します。

カバンや服などで頭を守ります。

移動後は、線路に落ちないように身をかがめるとよいです。


地震が収まっても動き回るのは危険です。

駅の構内では、パニックに陥った人が出口に殺到するおそれがあります。

それによって、群衆雪崩が発生すると大きな事故に発展します。

そのため、駅員の指示に従ってゆっくり行動するようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。