時々・一時・のちの違いは?

テレビで天気予報を見ていると、よく使われている用語があることに気づきます。

その中に「時々」「一時」「のち」があります。

これらは厳密に使い分けられています。

ここでは、「時々」「一時」「のち」の意味の違いについてご紹介します。

「時々」と「一時」の違い

天気予報において「時々」「一時」を使い分けるのは、それぞれの用語には別の意味があるためです。

どの用語が使われるかによって、天気予報の内容自体が変わってくるのです。

内容とは、具体的には時間を指します。

時間の長さが使う用語で異なります。

どの用語が使われているかでどのくらいの時間晴れるのか、雨が降るのかなどがわかります。

「時々」と「一時」の違い

「のち」については、「時々」と「一時」とは少し意味合いが異なります。

それぞれの用語の意味をみてきます。

スポンサーリンク

天気予報における「時々」の意味は?

天気予報における「時々」の意味についてご紹介します。

「時々」は、現象が断続的に起こり、かつ合計時間が予報期間の1/2未満である場合に使われます。

これだけでは意味がわかりにくいので、具体的に解説します。

くもり時々雨という予報の場合、断続的な短時間の雨が何回か降るという意味です。

雨と雨の間隔が約1時間以上空いていないといけません。

つまり、次の雨が降るまで雨が止んでいる時間が約1時間以上あるということです。

雨が連続して降ってはいけません。

しかも、雨が降っている合計時間が1/2(12時間)未満であるという条件を満たしている必要があります。

天気予報における「時々」の意味は?

天気予報における「一時」の意味は?

天気予報における「一時」の意味についてご紹介します。

「一時」は、現象が連続して起こり、かつ合計時間が予報期間の1/4未満である場合に使われます。

こちらも具体例を挙げて解説します。

くもり一時雨という予報の場合、連続した1/4(6時間)未満の雨が降るという意味です。

連続には、切れ間(止んでいる時間)が約1時間未満のものを含みます。


「一時」と「時々」とでは、雨が降る量が異なります。

「時々」と比べると、「一時」の方が雨が降る時間は短いです。

天気予報における「一時」の意味は?

天気予報における「のち」の意味は?

天気予報における「のち」の意味についてご紹介します。

「のち」は、現象が変化する場合に使われます。

時間の長さは関係ありません。

その日の前と後で天気が変化すればOKです。


具体例を挙げて解説します。

くもりのち雨という予報の場合、前半がくもりで後半は雨が降るという意味です。

くもりの途中で雨が降るのではなく、くもりの後ずっと雨が降ります。
天気予報における「一時」の意味は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。