ゲリラ豪雨とは!その原因は?

年々、大雨が降る頻度が増えています。

しかも、その降り方は尋常ではなく、災害レベルに達することもあります。

ここでは、ゲリラ豪雨とその原因などについてご紹介します。

ゲリラ豪雨とは

ゲリラ豪雨とは、局地的大雨のことです。

局地的大雨とは、文字どおり狭い範囲に降る激しい雨を指しています。

気象庁は、“急に強く降り、数十分の短時間に狭い範囲に数十mm程度の雨量をもたらす雨”と定義しています。

ゲリラという名称が付いているのは、どこで発生するか予測することが難しいためです。

ゲリラ豪雨とは!その原因は?

スポンサーリンク

ゲリラ豪雨の原因は?

ゲリラ豪雨は夏に多いです。

典型的な例として、夕立を挙げることができます。

夏は地表が高温となり、空気が湿っているため、大気の状態が不安定になりやすいです。

上空に冷たい空気が流れ込んだり、前線があると、積乱雲が発達しやすくなります。

ゲリラ豪雨とは!その原因は?


積乱雲は大粒の激しい雨を降らせます。

しばしば雷や竜巻などを伴います。

このような意味においては非常に危険な雲です。

積乱雲は、10~15Kmと非常に背が高いですが、横の広がりは数Km~十数Kmぐらいしかありません。


積乱雲は1つだけでなく、同時にいくつも発生します。

次から次へと積乱雲がやって来ることにより、短時間で大量の雨をもたらします。

1つの積乱雲だけなら、そこまでの大雨にはなりません。

それは、積乱雲は通常30分から1時間ほどで消滅してしまうためです。

ヒートアイランドとは!その原因は?

ヒートアイランドがゲリラ豪雨の一因になっています。

ヒートアイランドによって、積乱雲が発生しやすくなるためです。

ヒートアイランド


では、ヒートアイランドとは何なのでしょうか?

郊外のように地面が土であれば、水分が蒸発して気温の上昇を緩和する作用が働きます。

しかし、都市部ではコンクリートやアスファルトで覆われているため、そのような作用は期待できません。

さらに、冷暖房の室外機や車の廃熱などで、熱をため込みやすくなっています。

その結果、都市部では郊外よりも気温が高くなります。

このような現象をヒートアイランドと言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。