29日に放送された2時間SPで最終回を迎えた「UTAGE!」。

同番組の終了に伴い、一部のファンから舞祭組の解散を求める声が上がっているといいます。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


ついに「UTAGE!」が終わってしまいましたね。

中居正広と舞祭組の絡みが好きで、よく見ていただけに残念です。

視聴率があまりよくないと言われていましたので、視聴率の低迷が原因なのかもしれません。


今回のSPの視聴率は、11.0%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)でした。

2ケタには乗ったものの、同時間帯に放送された「解決!ナイナイアンサー」(12.3%)には及びませんでした。

3月に放送されたSPは12.4%でしたので、前回より下がってしまいました。


個人的には、旬なアーティストをもっと呼んで欲しかったですね。

あまりにも舞祭組に頼り過ぎで、視聴者に飽きられてしまったのかもしれません。

もう少し工夫があっても、よかったのではないでしょうか?


とは言っても、同番組と言えば、やはり舞祭組でしょう。

歌がヘタということで、横尾渉の注目度が一気に上がりました。

さらに、二階堂高嗣とHKT48・指原莉乃の絡みにファンが激怒しました。

良くも悪くも、話題の中心は舞祭組でした。


大活躍した同番組が終了することで、今後の舞祭組の活動に注目が集まっています。

ファンの中では、舞祭組の存続について意見が大きく分かれているようです。


中居が、10月から形式を変えた歌番組がスタートすることを発表していますので、その番組に舞祭組も出て欲しいという声があります。

「UTAGE!」では、舞祭組の成長ぶりが見られたので、新番組でもさらに進化する舞祭組を見守りたいのでしょう。

「一方で、舞祭組の活動に難色を示すファンが存在するのも事実です。不出来な部分がピックアップされて“笑われ者”になったり、芸人のような雑な扱いを不快に感じるファンも少なくないようで、『UTAGE!』終了に際して『舞祭組も終わってほしい』という意見も。また、先日はファーストアルバムのリリースも発表されたばかりですが、『アルバム出してツアーやって、舞祭組解散して』『ツアーやったら、もう解散でいいんじゃない?』と、解散を望む声まで出ています」(同)

(サイゾーウーマンより引用)


確かに、いつも舞祭組は芸人並みの扱いです。

“笑われてなんぼ”という感じの仕事が多いです。

ジャニーズタレントとは思えません。

ファンの気持ちはよくわかりますね。


ただ、舞祭組メンバーはどう思っているのでしょうか?

舞祭組のおかげで、それぞれの人気・知名度が上がったのは間違いないと思います。

舞祭組が結成されたことに不満を感じているメンバーは、いないのではないでしょうか?

とは言っても、多少の不満はあるでしょうが。


舞祭組が解散しても、今までのように舞祭組メンバーがキスマイ以外で活躍できる場があるのであればよいですが、その保証はありません。

さらに、歌については、キスマイで舞祭組メンバーがメインとして歌うことは考えづらいです。

そう考えると、舞祭組が解散してしまうと、それぞれの活躍の場が減ってしまう可能性の方が高そうです。


おそらく、このまま活動を続けるのではないかと思われます。

ジャニーズ事務所的には、解散させるメリットがほぼないでしょうからね。

今後どうなるのかに注目です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう