視聴者を喜ばせるため、さまざまなパフォーマンスを見せてくれるSMAP・木村拓哉

23日に放送された「Mステ30年突入記念史上最大の10時間特番“全部大ヒット曲”」の中で、木村がAKB48と「恋するフォーチュンクッキー」を踊る場面がありました。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


木村は、まじめで曲がったことが嫌いな性格だと言われています。

あまりふざけたりするような感じに見えませんが、実は意外とお茶目なところがあります。

自身に関する面白エピソードを話したり、歌っている最中に面白いパフォーマンスを披露したりすることがあります。

もっとも記憶に残っているのは、木村がMステで三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」の中で踊られている“ランニングマン”と呼ばれるパフォーマンスを披露してくれたことです。

これは、驚きましたね。

木村も“ランニングマン”するんだと話題になりました。


では、今回木村はどのようなパフォーマンスを見せてくれたのでしょうか?

木村は、AKB48と「恋するフォーチュンクッキー」を踊ったのです。


実は、これには指原莉乃が絡んでいます。

 指原はAKBメドレーで「恋するフォーチュンクッキー」が始まると、後方座席に座る木村に歩み寄り、その手を取って共演をお願いした。

 最初当惑していた木村だが、立ち上がり、それでも他のメンバーに向けて何度も首をひねってみせたが、いったんセンターで踊り出すとさすがのダンスを披露。
曲が終わるとAKB全員から「ありがとうございました」と礼を受けた。

 司会のタモリは「違和感がなくなってきた」と評価。踊り終えた木村は「こいうことってMステってやるんですか」と驚いていた。

 仕掛け人の指原は出番を終えたあと「成功して、出演者の皆さんにすごい!っていわれて、うれしくて、気づいたら。。」、大変なことをしてしまった自分に気付き「関係者の皆様、ファンの皆様、、、そして木村さん!ごめんなさい!」と謝罪した。

(デイリースポーツより引用)


指原が、強引に木村を引っ張り込んだようです。

あの木村を引っ張り込むのですから、ある意味すごいですね。

普通のタレントには、絶対にできないでしょう。

台本になければ、声すらかけられないと思います。

それをサプライズでやってしまうのですから、怖いもの知らずですね。

いきなりのことだったので、木村も困惑していたようですが、ダンスを披露するなど神対応を見せてくれました。


終わってから、指原は大変なことをしてしまったと思い、謝罪しています。

このことから、本当のサプライズだったことがわかりますね。


指原と言えば、キスマイファンから批判的な声が殺到するなど、ジャニーズファンに嫌われているというイメージが強いです。

今回のような強引な引き込みを行えば、木村ファンからかなりのバッシングがあるのではと思いますね。

しかし、意外なことにほとんど何もなかったようです。

これには、指原は「やさしいファンの方ばかりで感涙です。」と語っています。

いきなりの申し出に応じてくれた木村に対して、指原は「本当に神神神対応でした!」と感謝しています。



テレビでこのような場面があっても、木村はまず断れないでしょう。

そんなことをすれば、場が盛り下がりますからね。

とは言え、快く応じ、ダンスまで披露してくれた木村は素晴らしいです。

またいろいろやって欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう