最近、ドラマは人気俳優や女優を出演させただけでは視聴率が獲れなくなってきました。

人気だけで演技の実力が伴っていないのが原因と思われます。

実は、このような役者がジャニーズに多いというのです。
ranking

 <関連商品>





(以下引用)

いまだに俳優・女優のアイドル的な人気に頼る作品もチラホラ。それがフジテレビの『SUMMER NUDE』。
 なんたって主役があの山下智久。気が抜けて抑揚のないセリフ回し、喜んでいるのか悲しんでいるのか判別できない表情の乏しさ。イケメンで細マッチョと、ビジュアル面では文句のつけようもないが、「山Pを見られれば満足」という層以外にはハマりづららかった。
 案の定、同ドラマの視聴率は初回こそ17.7%と高かったものの、すぐに急降下。その後は10%ちょっとを行ったり来たりだった。しかしながら、この程度の演技力でも2ケタの視聴率をキープできるのだから、それもまた山下智久という俳優の凄さとも言える。

■ジャニーズに多い大根役者

 自分を崩し切れないイケメンのサガか、日頃、女の子の嬌声を浴びているがゆえの自意識過剰がそうさせるのか、ジャニーズタレントにはこの手の“大根”が多い。今年の冬ドラ『LAST HOPE』で主役を務めた嵐の相葉雅紀も、「台本を棒読みしているだけ」「『志村どうぶつ園』に出ているときと変わらない」と酷評を受けている。
 SMAP・香取慎吾の演技も山Pや相葉と同様、声の抑揚のなさが致命的。冷徹な役柄や本性が見えない役が少なくないのは、覇気のない目つきとメリハリのないセリフ回しでは、それぐらいしかハマる役がないからだろう?
 木村拓哉は、これらのジャニメンよりも感情表現は豊かだが、ときに豊かすぎて鼻につく場面も。アメリカ俳優のバタ臭い演技を日本人がマネして、見事にスベっている感じ。なによりも、芝居がワンパターンすぎる。弁護士、レーサー、企業社長等々、幅広い役柄を演じてきたが、基本的にどれも同じ。怒り方、泣き方、笑い方。判を押したように、同じ演技を貫き通す。
 しかも、「SMAPの木村拓哉」とも変化がない。つまりは、彼はなにをやっても「木村拓哉」以外演じられないということ。ハリウッドで言うなら、なにを演じてもロッキーとダブってしまうシルベスタ・スタローンみたいなもの。ある意味、大物ではある。

(ブッチNEWSより)


ジャニーズ 嵐(ジャニーズ)コンサートの『席につくまで安心できない』8つの関門

reading geinounews geinounews geinoureading


かなり厳しい意見ですね。

明らかにヘタでない限り、人により評価はバラけます。

山下や相葉については、評価は大きく分かれるようですね。

“まあまあ”という意見と“本人にしか見えない”という意見が多いようです。

“本人にしか見えない”と言えば、代表的なのが木村でしょう。
芸能ブログ 芸能裏話・噂

ドラマで主演を務めるたびに、“何をやってもやっぱりキムタクにしか見えない”と酷評されますからね。

香取については、どうなのでしょうか?

あまり聞きませんが。


芸能 ジャニタレ頼み卒業!? 秋ドラマ不発で「日本のドラマ」がひと皮むける

ranking ranking ranking reading



これらは、あくまでネット上での意見の一部です。

ジャニーズに大根役者が多いのかどうかは、人それぞれによって意見が分かれるでしょうね。

ただ、ジャニタレには人気や話題性がありますので、これは非常に魅力です。

この人気や話題性だけに頼ったドラマ作りでは失敗の可能性が高いので、あくまで内容重視にして、ジャニタレのこの魅力を最大限に利用するのがベストではないでしょうか?

内容だけがよくても、視聴者は観てくれませんからね。

バランスが大切です。

ジャニタレと言えども、今後人気だけではドラマに起用されなくなる恐れがありますので、演技の勉強に力を入れなければならないのではないでしょうか?


[人気の芸能ニュース]

・橋本愛、落合モトキと続いていた!深夜の新宿を徘徊する様子はまるで第二の広末涼子
芸能ブログ 芸能裏話・噂(芸能スクープ、今旬ナビ!!)


スポンサーリンク
おすすめの記事