未だにバッシングが続いている広瀬すず

その広瀬に、またしてもネット上で批判の声が上っているといいます。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


広瀬と言えば、ドラマ「学校のカイダン」で話題になり、一気にブレイクしました。

その後も、CMに出演するなど、人気女優の仲間入りを果たすかと思われました。

しかし、6月に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出演した時の失言が原因で、バッシングを受けることに。


その時の失言というのは、スタッフを批判しているのではないかとも取れるようなものでした。

広瀬は、次のような発言をしたのです。

「どうして生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう?」「なんで自分の人生を女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう? と考えちゃう」などとコメント。

(日刊サイゾーより引用)


照明や音声の仕事をしている人を、バカにしているようにも取れますね。

本人は、おそらくたくさんある仕事の中で、どうして照明や音声の仕事を選んだのかと素朴に思って、発言しただけではないでしょうか?

悪気はなかったと思います。

テレビでスタッフをバカにするような発言をすれば、叩かれるだけで、何のメリットもありませんからね。

ただ、言い方に問題がありますね。

もう少し言葉を選んで発言していたら、このようなことにならなかったのではと思います。


実は、広瀬の失言は他にもあるというのです。

「『VS嵐』(同)に出演した際、嵐の中で弟にするなら誰がいいか、という質問に対して、広瀬は大野智の名前を挙げたのですが、これに対して大野は『俺、34歳だぜ』と発言。すると広瀬は『もうちょい上だと思ってた! 40歳くらいだと思ってた』と驚いた顔を見せ、スタジオ内を沸かせました。しかしこれには当然、大野ファンは黙っていませんでした。今でも、広瀬への批判はやむ気配がないようです」(同)

(日刊サイゾーより引用)


この発言も、不用意でしたね。

人気アイドルの嵐メンバーの大野に対して、「40歳くらいだと思ってた」はあまりにも失礼過ぎます。

ファンが怒るのも無理はありません。

このような発言をしていたら、どんどん嫌われていきそうです。


そして、今回またしても、広瀬にネット上で批判の声が上っているというのです。

広瀬は、8月27日付で自身のブログに、ファッションイベント「Seventeen学園祭」に関しての記事をアップしています。

そこには、「モデルのみんな、そして何日も前から寝ずにがんばってくださっていたスタッフの皆さん、そして来てれたファンの皆さん、ありがとう」と綴られていました。

これに対して、「しらじらしい」「スタッフに感謝なんかしていないだろ」などと、批判が殺到しているそうです。


現状では、何を言っても叩かれるだけのような気がします。

1度失った信頼を回復するのは、かなり大変です。

地道に頑張っていくしかありませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう