先日、清野菜名との熱愛が報じられた生田斗真。

その生田が、26日に洗濯洗剤「アリエール」新商品発売記念イベントに出席しました。

報道陣がたくさん詰めかけ、清野との熱愛について質問するタイミングを図っていましたが、スタッフの機転により、肩透かしを食らった形となったそうです。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


生田と清野は、1月から始まったドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」で、警察官の先輩後輩の役で共演しました。

この共演がきっかけで、交際に発展したと言われています。


2人の熱愛については、8月25日発売の「週刊女性」が報じました。

同誌によると、今月18日に清野が生田の自宅マンションを訪れていたといいます。

そして、清野がお泊まりをしたそうです。


今回、生田は熱愛報道後初めて公の場に登場しました。

詰めかけた報道陣は、生田に清野との熱愛に関する質問をしようと、機会をうかがっていたようですが、なかなか声をかけられる状態ではなかったといいます。

同イベントは、女子レスリングの浜口京子も登場し、和やかな雰囲気の中で行われました。


何とか質問したい報道陣は、終了間際を狙っていました。

そのため、生田が舞台裏に戻るための通路に報道陣が集まっていました。

しかし、ここでまさかの事態が。

「フォトセッションが終わり、いよいよ降壇というタイミングで、スタッフが当初予定されていたのとは逆の方向に生田を誘導したんです。この突然の変更に、生田も首をかしげ、記者の近くにいたジャニーズ事務所の関係者さえ“あれ、こっち来ないの?”という顔をしていました。これは、マスコミに熱愛についての質問をさせないようにスタッフが機転を利かせたのでしょうが、突然のことにマスコミも肩透かしを食らったかたちとなり、『こっち来ないじゃないですかー』『やられたー!』と、記者同士で愚痴り合っていました」(ワイドショースタッフ)

(サイゾーウーマンより引用)


スタッフが、見事に機転を利かせましたね。

生田はもちろん、ジャニーズの関係者にすら知らされていなかったようです。

当然、この事態を報道陣が予想することは不可能でしたね。

報道陣が、「やられたー!」と愚痴りたくなるのもわからなくはないです。


生田が予定されていた方向に案内されていれば、間違いなく今回の熱愛について、何らかの質問がされていたでしょうね。

生田が、不快な思いをすることになったかもしれません。

スタッフのファインプレイです。

ただ、生田にとって決定的な熱愛報道は今回が初めてだけに、事実はどうなのか気になりますね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう