挨拶や上下関係に厳しいと言われるSMAP・木村拓哉

その木村が、明石家さんまになあなあな態度をとった嵐・二宮和也に不快感を露わにしていたことがわかりました。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


13日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」に、ももちとモーニング娘。の鞘師里保、飯窪春菜がゲストで出演しました。

番組の中で、さんまは木村が挨拶や上下関係に対して、非常に厳しいことを明かしました。


木村とももちと言えば、昨年末の特番「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」が思い出されます。

ももちは、木村に「たくちももち」という”コンビ”を無理やり強要させる場面がありました。

この時の木村は、ももちにキレていたのではと大きな話題になりました。


ぶ然とした表情を浮かべていますね。

テレビでなければ、マジギレしていたかもしれません。

そこは仕事と割り切ったのでしょうね。

最後には、木村は見事に?「たくちももち」をやりきっていました。


実は、この2人は特番の2年ほど前にもいろいろとありました。

何と、ももちは初対面にもかかわらず、木村の楽屋を訪れて、ふざけた自己紹介をしていたというのです。

これに、挨拶にうるさい木村が激怒したそうです。


楽屋ということは、カメラが回っていません。

カメラが回っていないところでは、きっちりと挨拶すべきですね。

それが、社会人としての礼儀です。

木村でなくても、誰でも怒ると思いますが。


ももちが言うには、この時木村はそこまで怒っていなかったそうです。

さんまが話を盛ったのが、騒動の原因だと弁明しました。


しかし、さんまはこれを否定します。

さんまは、木村は挨拶できない人が1番嫌いなタイプで、挨拶や上下関係に厳しいことを強調しました。

そして、このことを示すあるエピソードを披露しました。

とある番組の本番中、二宮がさんまに対してなあなあな態度をとったのだという。それは二宮もわざとやったもので、さんまも本気にはせず「だれになあなあでしゃべってんねん!」とツッコんだ。

ところがこの光景をみていた木村がよしとせず、さんまに「ちょっとあれは注意しておきます」と言ってきたというのだ。

そのときさんまは木村に「ネタでやってるんやないか、アイツ」と二宮をかばったが、彼は「あれはダメですよ」と譲らなかったそうだ。

(livedoor NEWSより引用)


木村は、二宮に不快感を露わにしていたようですね。

ただ、二宮がどれくらいのなあなあな態度をとっていたのかはわかりませんが、木村は本気で怒るところまではいっていないでしょうね。

木村が二宮を注意しておくと言ったのは、冗談とは言え、後輩がさんまに失礼な態度をとったことに対して、申し訳ないという気持ちがあったからなのではないでしょうか?

礼儀を重んじる木村なら、このように考えてもおかしくはないと思いますね。


このことを知ったももちは、「(自分についても)リアルに怒っちゃってたんですかね」と急に焦っていました。

確かに、木村はももちのようなキャラはあまり好きではないと思います。

しかし、木村が本気でももちに激怒したのかどうかはわかりません。

そこまで激怒したのなら、共演NGになったり、かろうじて共演できても、ももちが木村に対してあのような態度をとれるはずがないと考えます。

真相はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう