嫌われ芸能人として有名なキングコング・西野亮廣

その西野は、絵本作家としても活動しています。

今回、西野が自身の個展の宣伝に、嵐・大野智を利用したのではないかと話題になっています。


昔は人気芸人の1人だったと思いますが、一体どうしてこれほどまで嫌われるようになったのでしょうか?

本当に不思議ですね。

周りの空気が読めずに、言いたいことを言っているのが原因のような気がします。

他人のことを、小馬鹿にしたような言い方をすることもありますね。

あくまで私の勝手なイメージですが。


西野は、本当に絵がうまいです。

初めて絵を見た時は、衝撃を受けました。

とても繊細な絵です。


2013年2月には、ニューヨークで初めての海外絵本絵画展「Akihiro Nishino Solo Art Exhibition」を開きました。

今は、かなり創作活動に力を入れているようです。

確かに「はねるのトびら」が終了してからは、あまりテレビで見かけなくなりました。

最近西野の名前を聞くのは、ネット上で西野の発言が取り上げられた時ぐらいですね。

今ではすっかり“炎上芸人”というイメージがついてしまいました。


そんなに西野が、都内で個展「にしのあきひろ絵本原画展 in おとぎ町ビエンナーレ」(8月2日~29日)を開くことになりました。

個展と言えば、先日大野が今年7~8月に東京と中国・上海で開催することが発表され、大きな話題になりました。


西野は、5月22日の午後3時ごろにつぶやいたTwitterの中で、このことについて触れたというのです。

「夏に、嵐の大野君も個展をするの!?絶対に行きたいな」とツイートしたのです。

ちょっとわざとらしいように感じますね。

かなり前に発表されていますので、今頃になってこの話題を持ち出すのは変です。


これだけなら、そこまで話題になることもなかったのですが、西野は先ほどのツイートに自身の個展の詳細について紹介したサイトのURLをつけたのです。

そのため、嵐ファンから批判の声が上がったのです。

「この書き込みは、その後削除したものとみられます。しかし、その前に書き込みを見た嵐ファンは、大野を利用して個展の宣伝をした西野に不快感を示す人も。騙されてサイトに飛んでしまった人からは『やられた』『便乗して個展をアピールするなんてあり得ない』というコメントや、西野なりの炎上商法だとしても、大野を『巻き込んでほしくない』などと、批判的な声が上がっていました。大野の名前を使って宣伝しようとしたため、中には『大野詐欺』という声も出ています」(ジャニーズに詳しい記者)

(サイゾーウーマンより引用)


大野の名前を出せば、自然と注目度が上がります。

URLしか書かれていなかったので、たくさんの人が大野に関する情報だと思ったでしょうね。

意図せずに、西野の個展を紹介するサイトに飛ばされたのではないでしょうか?

ファンが騙されたと怒るのも、無理はありません。

嵐ファンを敵にしたくなかったのでしょうか?

西野は、書き込みを削除したようです。


早めに、書き込みを削除したのはよかったですね。

今回のことで、炎上騒ぎまでは発展しなかったようです。


西野が大野を意図的に利用したのか、あるいは西野には大野を利用する気はなかったのかはわかりません。

西野にしかわからないことです。

絵が素晴らしいだけに、もし利用したのなら残念ですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう