最近人気急上昇中のジャニーズWEST

そのジャニーズWESTのメンバーである中間淳太が、昨年ジャニーズグループ5組を格付けしたことについて、真相を明かしました。

あの格付けに関しては、ボケだったというのです。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


3月26日に放送された「リトルトーキョーライブ」には、Hey!Say!JUMP・有岡大貴、岡本圭人、伊野尾慧、高木雄也、ジャニーズWEST・重岡大毅、中間淳太、濱田崇裕、小瀧望が出演しました。

同番組は放送開始から、もう半年が経ったといいます。

ついこの間始まったばかりと思っていたら、もう半年ですか?

本当に早いですね。


番組では、ジャニーズグループ5組の格付けに関しての話題になりました。

昨年10月15日に放送された時の格付けのことを指しています。

それは、具体的にどのような格付けだったのでしょうか?


この時の放送では、ジャニーズWESTメンバーが嵐・関ジャニ∞・NEWS・Hey!Say!JUMP・ジャニーズWESTの5組の中で、ジャニーズWESTはどのポジションに入るのかという質問に答えました。

嵐がトップで、その少し下に関ジャニ∞がつけているという説明がありました。


ここからが問題です。

何とジャニーズWESTは、NEWSと同じポジションで、Hey!Say!JUMPより上と評価したのです。

これには、一部のHey!Say!JUMPファンの反感を買ってしまいました。

Hey!Say!JUMPファンが、怒るのも無理はありませんね。

このことに関して擁護するジャニーズWESTファンと、ネット上ではファン同士の抗争が勃発したといいます。


実は、岡本はこの時の放送を見ていたそうです。

あのような格付けをされた瞬間、涙が落ちそうになったというのです。

重岡は、友情より笑いを取ったとコメントしています。


そして、今回このことについて、中間が真相を明かしました。

中間は、理由があるというのです。

どうやらジャニーズWESTメンバーは「オレらの回で格付けやった後、次にJUMPでやるって聞いてたから、JUMPがオレらのをもっと下に貼るっていうボケをやるんやろうなと思っていた」そうで、しかし「知念が予想以上にオトナで、『これでいいんですよ』って言い出して」。実際翌週の番組に出演した知念侑李は、格付けを見るなり「これきっと彼らの渾身のボケでしょうね」とコメントし、中島も「お笑い優先だもんね」と理解を示しただけで終了。渾身のボケをスルーされるという想定外の展開に、中間はテレビの前で「待て待て待て待て!」と猛ツッコミしていたそうです。

(ジャニーズ研究会より引用)


やはり、ジャニーズWESTメンバーはボケていたようです。

しかし、ジャニーズWESTメンバーが思ったような展開にはなりませんでした。

本気で、あのような格付けをするはずがないと思っていました。

悲しいことに、Hey!Say!JUMPメンバーは、それに対してボケてくれませんでしたね。


それもそのはずです。

Hey!Say!JUMPメンバーは、そのような扱いをされたことにショックを受けたようで、ボケるような心境ではなかったのかもしれませんね。

一部のHey!Say!JUMPファンに至っては、そのような説明をされても、納得がいかないというものもいるようです。


両グループの意図が、まったく伝わっていません。

関東では、関西のノリがあまり通用しないのかもしれませんね。

ちょっと、悲しい結果になりました。

ファン同士が揉めるような事態にはならないようにして欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう