現在、大人気のロックバンド「ONE OK ROCK」でボーカルを務めるTaka

そのTakaは、以前にジャニーズグループであるNEWSに所属していました。

Takaはワンオクに加入後、何もかもが順調にいったわけではないといいます。


Takaは、森昌子と森進一の間に生まれました。

2004年に両親が離婚し、Takaの親権は母親が持つことになりました。


TakaがNEWSに所属していたことは、ジャニーズファンの間で有名です。

当時は、森田貴寛として活動していました。

と言っても、わずか3ヵ月で脱退しています。


表向きは、学業専念のために自主的に辞めたと報じられていますが、実際のところクビになったのではないかとみられています。

それは、デビュー直後にキス写真が流出したためです。

また、森田は未成年でありながら、喫煙していたことも発覚しています。

これらが大きく影響したのでしょう。


この時、ジャニー喜多川社長や森進一は激怒し、森田を引退させたのではという噂もあります。

学業に専念するということでしたが、慶応義塾湘南藤沢中・高等部を自主退学し、堀越高校へ編入したそうです。

しかし、その後堀越も中退したようです。


その後、ワンオクに加入し、順調にいくように思われましたが、いろいろとあったようです。

(以下引用)

「その頃、Takaが所属していた『NEWS』は、メンバーの内博貴や草野博紀が次々と問題を起こし脱退。ジャニーズ1の不運グループと言われていました。その運のなさは、過去メンバーのtakaにも及んだのか、ワンオクがブレイク間近と言われた2009年、ギタリストが逮捕されてしまいます。その影響により、翌月にリリースされる予定だった新曲や、告知されていた全国ツアーが急遽中止に。一時は解散も囁かれました」(前出・音楽ライター)

(アサ芸プラスより)


確かに、NEWSはメンバーの脱退が多いですね。

結成時は9人もいたのに、今では4人にまで減ってしまいました。

普通ではあり得ませんね。


てっきりワンオクに入ってからは、すべてがうまくいっていたと思っていたのですが、そうではなかったようです。

一時は、解散寸前まで追い込まれていたとは知りませんでした。

当時は、「ジャニーズ事務所の陰謀」「NEWSの呪い」などと言われることもあったようです。



さまざまな苦難を乗り越えて、ワンオクは人気バンドへと成長しました。

今では、日本武道館がファンで満員になるのですからすごいですね。

これからも、頑張って欲しいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう