19日、東京・帝国劇場で上演されていたKinKi Kids・堂本光一主演のミュージカル「Endless SHOCK」の公演中に、セットが倒れる事故が発生しました。

負傷者は、出演者5人とスタッフ1人だと報じられました。

実は、負傷者の中にジャニーズJr.・岸孝良が含まれていたのですが、岸の名前が出ることはありませんでした。

その理由とは?


重さ800キロのLEDパネルが倒れるという事故がありました。

この日観劇していたファンは、演出だと思い、はじめ事故だとは気付かなかったそうです。

しかし、幕が閉じられて、だんだん事故が起ったのだとわかったといいます。


重症者は出ましたが、命に別条がなくて本当によかったです。

早く元気になられることを祈るばかりです。


この事故で負傷した者の中に、Jr.の岸が含まれていました。

しかし、そのことは報じられませんでした。

どうしてなのでしょうか?


ジャニーズと言えば、都合が悪いことは、情報統制を敷いて外部に情報が漏れないようにすると言われています。

今回も各メディアに対して、何らかの圧力をかけて、岸の名前が出ないようにしたのではとみられていました。

しかし、そうではなかったというのです。

「岸優太というJr.のメンバーがいるが、そちらは1月から放送されていた日本テレビ系の深夜ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』で主演を務めるなど、知名度があり人気Jr.の1人。ところが、岸孝良の方はまったく無名のJr.で今回の事故で初めて名前を知ったファンも多かったはず。そのため、ファンも関係者も、ただのダンサーが負傷したと思い込んでいた。そのため、名前を出すほどではないと思い、あえて名前が発表されなかったようだ」(現場で取材した記者)

(日刊サイゾーより引用)


本当にかわいそうな書かれ方ですね。

知名度があろうとなかろうと、Jr.の一員であることには違いありません。

ファンは少ないかもしれませんが、まったくいないということはないと思います。

心配するファンのためにも、名前を発表してあげてもよかったのではないでしょうか?

ケガをした岸ですが、医師の診断に基づき、翌日の公演から復帰しています。


翌日の午後の部から、公演が再開されたと聞いて驚きました。

あれだけ大きな事故が起ったのに。

安全確認のために、しばらく中止になるのではと思っていました。

まさか翌日から再開されるとはね。

もちろん、楽しみにされているファンにとってはよかったのでしょうが。


一部のファンから、運営に対する不満の声が上っていたといいます。

事故当日の午後の部は中止になりました。

この時点では、翌日の公演がどうなるのかまったくわからない状態でした。


一夜明けて、午後の部から公演が行われることが決まったそうです。

ファンへの告知に問題があったのではというのです。

実際、ファンへの告知は、東宝のホームページと劇場入り口の貼り紙によって行われました。

翌日の公演についての告知ですので、このような方法しか取りようがなかったのでしょう。

それは仕方がないですね。


ただ、1番問題なのは告知のタイミングです。

告知が行われたのは、公演当日の昼過ぎだといいます。

観劇する人が、全員帝国劇場の近くに住んでいるのなら、それでもよいかもしれません。

しかし、中には遠方から来る人もたくさんいると思われます。


チケットを購入している以上、中止という発表がなければ来ないわけにはいきません。

もし公演が中止になれば、苦労してきたのにそのまま帰らなければならないのです。

その場合、交通費は返してもらえないでしょうね。


個人的には、前日の時点で公演を行うのかの判断すべきだと思います。

そうでなければ、ファンに迷惑がかかってしまいます。

前日ということは事故当日なので、正直判断するのは難しかったと思います。

判断できないのであれば、翌日はとりあえず中止にすべきだったと思いますが。


何事も、ファンを第一に考えて欲しいですね。

そうしないと、ファンが離れて行ってしまいます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう