3月8日にリリースされた舞祭組の3rdシングル「やっちゃった!!」。

今でこそ人気者の舞祭組メンバーですが、以前はKis-My-Ft2の後列でそれほど目立つことがありませんでした。

SMAP・中居正広のプロデュースで脚光を浴びることになりましたが、舞祭組が活躍できたのは千賀健永のおかげだといいます。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


舞祭組は、かなり知名度がアップしてきました。

ジャニーズらしくないところがいいと、評判になっているようです。

歌っている楽曲も、本当にみんなで盛り上がれる楽しい曲ばかりですからね。

そのため、ジャニーズには興味がない人にも知られているようです。


「やっちゃった!!」は、見事にオリコンデイリーランキングで1位に輝きました。

同曲は、胃腸薬のCMソングとして、すでに話題となっていました。


中居は1位を獲るように、舞祭組に指令を出しています。

それができなければ、罰としてスカイダイビングをさせるというのです。

1位を獲らないといけないのは、オリコン週間ランキングの方です。

結果は、3位だったようです。

おそらく、罰ゲームが行われるのではないでしょうか?


正直、罰ゲームが行われることまで計算の上でしょうね。

ランキングに不利な日曜日を発売日にしたり、ライバルに強敵のAKB48などがいたりと、この条件では1位はほぼ絶望的です。

ファンの間でも、はじめから1位を獲らせるつもりがないと言われています。


一生懸命頑張っている舞祭組はかわいそうですが、舞祭組のキャラ的には、1位を獲らない方が明らかにプラスになると関係者は見ています。

その一方で、1位を獲らせてやりたいとファンは本気だといいます。

この辺のところは、本当にそれぞれの気持ちが複雑に入り組んでいるように感じますね。


舞祭組は、千賀、宮田俊哉、横尾渉、二階堂高嗣の4人で結成されたユニットです。

舞祭組が活躍できたのは、千賀のおかげだと言われています。

「キスマイ最年少の千賀くんは、幼い頃からダンスをしていて、小学5年生の時には年齢制限のない全国大会に最年少で入賞するなど、ダンスの腕前はかなりのものです。歌唱力もルックスも悪くないですし、途中で玉森くんに替わるまで、もともとは藤ヶ谷くん、北山くんとセンターポジションでしたからね。昔からイジラれキャラではありますが、『ブサイク』と言われるのは一番抵抗があったと思いますよ。でも、彼が自分とメンバーの未来を考え、それを心から受け入れた。それでグループが一つになったんです」(芸能関係者)

(アサ芸プラスより引用)


昔、千賀がセンターポジションにいたことを知りませんでしたので、本当に驚きました。

センターポジションということは、キスマイの前列ということですよね。

しかも、玉森と替わっていたとは。


ネット上で調べてみると、昔千賀は北山と藤ヶ谷に次ぐ3番手だったそうです。

千賀は、デビュー前のHey!Say!JUMPメンバーと活動することが多くなり、Hey!Say!JUMPでデビューすることになると思ったようです。

しかし、千賀はキスマイメンバーとやっていきたいと、ジャニー喜多川社長に申し出たというのです。

その時、「Youは最高のチャンスを失った」と言われ、キスマイの後列に下げられたそうです。

本当なのでしょうか?


昔から、歌やダンスを頑張ってきた千賀だけに、ブサイクキャラで活動しないといけないことを悔しく思ったかもしれません。

ブサイクと言われていますが、千賀は歌もダンスもできて、カッコいいと思います。

ただ、天然発言が問題かもしれませんね。

私は好きですが。


自分のことだけではなく、グループのことを考えて決意したようです。

それしか生き残る道がなかっただけに、辛かったと思います。

千賀らしいですね。

これからも、舞祭組メンバーとして頑張って欲しいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう