2月19日に放送された「VS嵐」に出演したジャニーズWEST

ジャニーズWESTメンバーが、その時の裏話を明かしています。

嵐・松本潤は、メンバーの顔と名前を覚えておいてくれたというのです。


実は、ジャニーズWESTは嵐と初共演でした。

そのため、メンバーはかなり緊張していたようです。

大先輩を前にして、緊張しない方がおかしいですね。


緊張していた割には、嵐との絡みが面白かったと、高く評価されました。

再度の共演を望む声も多いようです。


と言うのも、やはり嵐がジャニーズWESTのよさをうまく引き出していました。

関西のグループらしく、トーク力がありますので、うまくいじってあげると、どんどんいいところが出てきます。


ジャニーズWESTメンバーも、そのことを感じていたようです。

愛を感じる接し方だったと、メンバーは口を揃えて言っていました。

嵐はいつも先輩面することなく、後輩のために一生懸命頑張っている印象が強いですね。

嵐のことを悪く言う、後輩はいないと思います。


また、中間淳太と濱田崇裕は、嵐との収録を振り返って、次のように語っています。

中間は、嵐は優しいだけではなく、おいしくいじってくれたと絶賛しています。

濱田「松本くん、オレら全員の名前を覚えててくれた! 会うまえは、もっと怖い人かと思ってた(笑)」
中間「オレも! 控え室に入ってきた瞬間、オレらの顔を見ながら、ひとりずつ“え~っと…濱田! そしてキミが藤井流星!”って」
濱田「オレらの顔見て“髪の色、変わってるなぁ”ってな。ちゃんと事前にオレらの写真見て、覚えてくれたんやな。く~、感動!」

と、松本潤の“神対応”を明かしていました。

(ジャニーズ研究会より引用)


さすが、松本ですね。

本番前に、後輩の名前と顔を覚えておくとは憎いですね。

なかなかできそうでできないです。

ちょっとしたことなのですが、ジャニーズWESTメンバーはうれしかったでしょうね。


同番組で行われた、濱田と櫻井翔との“なで肩対決”は見ものでしたね。

その対決で負けてしまった櫻井は、「俺の時代は終わった」と言っていました。

笑ってしまいましたね。


濱田は、「duet」2015年4月号でこの対決について驚きの発言をしています。

「櫻井さんとのなで肩対決も夢でした! あれ、じつはオレちょっと首のつけ根をあげてたんですよ。それで勝てたんやと思います(笑)」と、手の内を暴露していたのでした。

(ジャニーズ研究会より引用)


そんな裏技があったとはね。

“なで肩対決”でこれほど盛り上がるとは。

勝っても、ちょっと微妙な感じがしないでもないですね。


この2組の共演は、本当に楽しかったです。

近いうちに、また共演しているところを見たいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう