今や、ジャニーズグループのコンサートには欠かせないものとなった、手作りうちわ。

ジャニタレにアピールしようと、相当気合を入れて作っているファンが多いといいます。

山下智久が驚いた、想像を絶するようなうちわがあったいうのです。


ジャニタレは、ファンのうちわを見ているのでしょうか?

SMAP・木村拓哉は、過去に自身のラジオ番組で、多くのメッセージを読んでいることを明かしています。

4時間弱のステージで、1,000や2,000以上は読んでいるというのです。

他のジャニタレも、同じかもしれません。

もしそうだとしたら、ファンとしてはうれしいですね。

一所懸命作ってよかったという気持ちになれます。


「Myojo」(2015年4月号)で、山下がファンのうちわについて語っています。

山下は中学生の頃、“抱いて”といううちわを見て驚いたそうです。

今なら、ハグしに行ってあげたいという気持ちになるといいます。

大人になり、こういったことではもう動揺しなくなったようです。


それでも、想像を絶するようなうちわを目にすることがあるといいます。

何と、“乳首見せて”といううちわまであったそうです。

ここまでいくと、ちょっと理解できませんね。

実際見せてもらって嬉しいのでしょうか?

さすがの山下も、苦笑いすることしかできなかったようですね。

山下とうちわといえば、『ジャニーズカウントダウンコンサート2013-2014』(フジテレビ系)のテレビ中継の際にファンが持っていた「山Pは人類のキセキ」と書かれたうちわが映り込み、愛情あふれるあまりの名文句が大きな話題となりました。そのうちわについて山下は「これだけ全力で、『私、山P好きです!』ってアピールしてくれて、メッセージも斬新すぎて逆に嬉しかった!(笑)」と雑誌のインタビューで答えていましたが、「人類のキセキ」「乳首見せて」と山下ファンのうちわセンスには脱帽ですね。

(ジャニーズ研究会より引用)


本当に、個性的なうちわが多いですね。

やはり、ジャニタレの多くはうちわの文言を読んでくれているようです。

ジャニタレは掲げているうちわから、どれくらい応援してもらっているのかがわかると思います。


愛のある言葉なら、きっとその気持ちはジャニタレに伝わるでしょうね。

記憶に残るような素晴らしいメッセージを考えてみると、よさそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう