ジャニーズJr.や若手ジャニーズから、「憧れの先輩」「好きな先輩」として、意外なものの名前が挙がっているといいます。

今1番人気は、Hey!Say!JUMP・山田涼介だというのです。

それは、どうしてなのでしょうか?


ほとんどのジャニタレには、憧れていたり、尊敬している先輩がいると思われます。

KinKi Kidsに憧れてジャニーズ入りしたというジャニタレが、結構多いと聞きました。

山田もその1人のようです。

山田は、母親とKinKi Kidsのコンサートへ行って感動したのがきっかけで、ジャニーズ入りを決意したと言われています。


今は、その山田がJr.や若手ジャニーズの憧れの存在なのだといいます。

てっきり、タッキー&翼・滝沢秀明の名前が挙がるのではと思いました。

滝沢は、非常に後輩の面倒見のいいことで有名です。

今井翼が、滝沢のことを「小さいジャニーさん」と呼ぶくらいですからね。


「憧れの先輩」「好きな先輩」として山田の名前を挙げたものには、Sexy Zone・中島健人をはじめ、ジャニーズWEST・小瀧望、ジャニーズJr.・松田元太、岡本カウアン、神宮寺勇太、永瀬廉などがいるそうです。

山田に憧れて、ジャニーズ入りを決めたものも多いようです。


では、山田の魅力とは何なのでしょうか?

そのひとつは、ダンスと歌の圧倒的な上手さ。あのベビーフェイスとソフトな雰囲気からは想像もできないほどのキレのいいパフォーマンスは、一度ライブで目の当たりにすると惹きつけられます。Jr.時代には毎日3時間もダンスの自主練をしていたことは有名ですが、あるとき同じグループである中島裕翔の代役が急きょ決まったときは、5時間で24曲の振りと歌を全部覚えたとか。その舞台を観たジャニー喜多川社長は、「最高だよ! YOUにしかコレはできない!!」と山田のダンスに感動して涙したというエピソードも残っています」(前出・芸能ライター)

(アサ芸プラスより引用)


確かに、山田は歌もダンスもうまいですね。

甘いマスクで、女性に大人気です。

非常にまじめで、努力家というイメージがあります。

一時不仲説が流れていた中島裕翔から、努力でセンターの座を奪ったと言われています。


他にも、近藤真彦や東山紀之、SMAP・木村拓哉など先輩はいます。

しかし、後輩がそういった先輩ではなく、山田に憧れを抱くのは、年齢が近いので話しやすいというだけではなく、人間性が高く評価されているからではないでしょうか?

努力していつか山田みたいになりたいという、後輩の目標となる存在なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう