今までグループメンバー内の格差が話題になってきたSexy Zone

そのSexy Zoneに、またメンバー間の格差が生じていると、ファンの間で話題になっています。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


かなり前から、松島聡とマリウス葉に対する扱いが、佐藤勝利・中島健人・菊池風磨と比べて酷いと言われてきました。

CDのジャンケット写真があまりにも小さかったり、衣装がしょぼかったりと、ちょっと露骨すぎます。

どうして同じグループなのに、ここまで差をつけるのか、聞いてみたいですね。


ようやく、格差が解消されてきたと思った矢先に、Sexy Zoneがまさかの3人体制に変更されてしまいました。

これには、多くのファンから不満の声が上がりました。

シングル1曲だけかと思われましたが、続くシングル「君にHITOMEBORE」でも体制は変わりませんでした。


「Sexy Zone summer concert 2014」が、1月13日付オリコンデイリーDVD音楽ランキングで1位に輝きました。

同作の内容について、ファンの怒りが爆発しているといいます。

またしても、松島とマリウスが酷い扱いを受けているのです。


Blu-rayもDVDも、共にジャケット写真は3人しか写っておらず、松島とマリウスの姿は見られないそうです。

本編や初回盤に収録されているメイキング映像にも、ほとんど出てこないようです。

これにはネット上では、「どうして3人ばかりが写っているの?」「Sexy Zoneは5人メンバーがいるのだが」など批判的な声があります。


実は、Sexy Zoneの3rdアルバムが3月11日に発売されます。

5人の新曲や3人の新曲、ソロ曲、Sexy 松の新曲、Sexy Boyzの新曲などが同アルバムに収録されるようです。

同アルバムについても、早速非難の声が上がっているというのです。

所属レコード会社であるポニーキャニオンのサイトのある文言が、ファンは気に入らないようです。

サイトでは、同アルバムの紹介がされているのですが、その中で佐藤・中島・菊池を「メインメンバー3人」と表記しているというのです。

実際にサイトを確認すると、確かにそのような表記になっています。

これには、「ショックだ」「ムカつく」などの声が上がっています。


どうして、このような書き方をするのでしょうか?

佐藤・中島・菊池の3人を、「メインメンバー」と表記する意味がわかりませんね。

レコード会社なら、今ファンが、3人体制に不満を感じていることを知っていると思うのですが。

と言うよりも、知っていないといけませんね。

しかし、ポニーキャニオンは知らなかったのかもしれません。

知っていたら、そのような無神経な文言は使わないと思います。


またしても、CDの販売に関して、松島とマリウスが利用されているようです。

「3rd Year Anniversary盤」には、松島とマリウスのバージョンがあるといいます。

松島とマリウスファンにも、CDを買わせようとしている魂胆がミエミエですね。

都合よく利用される2人が、かわいそうに思えてなりません。

早く、ファンが望む5人体制に戻してあげて欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう