シングル「King & Queen & Joker」を5月14日にリリースするなどいろいろと話題を集めているSexy Zone

メンバーの中で急成長しているのが、センターの佐藤勝利だといいます。

これは、一体どういうことなのでしょうか?


5月5日に開催された全国ツアー「Spring Tour Sexy Second」横浜アリーナ公演で、Sexy Zoneに弟分ユニット「Sexy Boyz」と「Sexy 松」が誕生することが発表されました。

新ユニットで中心的な存在となる松島聡とマリウス葉が、どこまでやってくれるのかに注目したいですね。

今年は、Sexy Zoneの活躍が大いに期待できる1年になりそうです。


Sexy Zoneを引っ張ってきたという印象が強いのは、中島健人と菊池風磨の2人です。

しかし、急成長を遂げているのが佐藤だというのです。

佐藤と言えば、ジャニー喜多川社長のお気に入りとして有名です。

普段は褒めないというジャニー喜多川社長が、「Youは特別かっこいい」、「永遠の0番(ステージ上の立ち位置を表した番号で、センターが0番となる)」と賞賛しています。

 彼が昨年頃から急激に進化を遂げているのだ。大きな転機としてあげられるのが主演ドラマ『49』だろう。

(中間省略)

 そこで、見事に父親と等身大の高校生の顔を演じ分けた佐藤。これまで演技やコメントにまだまだ照れを感じていた部分があったが、みごとにその殻を破った。

 また、共演したジャニーズJr.たちと女装姿で歌った「私のオキテ」は大きな話題を呼び、 「チキンバスケッツ(女装した彼らのグループ名)で歌ってるところをもう一度見たい!」とドラマが終了した後も、テレビ番組へのリクエストが後をたたなかったという。女装姿の復活はならなかったが、『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)にていつも通りアイドルの衣装で披露すると、ドラマでは見られなかったキレキレのダンスをプラスして会場を魅了した。

 さらに挿入歌となっていた「A MY GIRL FRIEND」は、歌い始めが佐藤のソロで始まるメインナンバー。少しかすれた味のある彼の声を堪能するにはピッタリな1曲。切ない歌詞に合わせて、瞳をうるませて歌う姿も印象的だ。

 そう、歌の合間にキュートな表情を見せたり、またアダルトな雰囲気の曲「Be Free」では頬に指を伝わせてセクシーな仕草を魅せるなど、表現力も増している佐藤。今回のツアーを見ると、苦手としていたコンサートでの煽りにも慣れてきた様子だ。

(リアルサウンドより引用)


演技力はまだまだと見ているファンも多いようですが、佐藤の魅力にノックアウトされてしまうのだそうです。

歌声、キュートな表情など、ファンを魅了する要素をたくさん備えている佐藤が、どこまで大きく成長するのか期待されますね。

ややトーク力に欠けるところがあるようですので、佐藤にはトーク力を身につけて欲しいですね。

その点、中島はすごいです。

最近、テレビでよく中島を見かけます。

恥ずかしがらず、何でもできるあの姿勢はすばらしいです。

たまにやり過ぎて、ドン引きされていることもあるようですが。


個人的には、佐藤は中島と同じことをする必要がないと思います。

佐藤は、佐藤の個性を出していけばよいです。

佐藤には、ジャニー喜多川社長も認める天性のアイドルとしての資質があります。

これをどんどん開花させれば、必ずトップアイドルに成長できると思っています。

ここ1、2年が勝負の時ではないでしょうか?

佐藤の活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう