先日ジャニーズJr.・岩本照が、女性ファンを殴打し、重傷を負わせていたことが明らかになりました。

この女性は、ジャニタレを追い掛け回して悪質な行為を行う“ヤラカシ”でした。

実は、以前に嵐・櫻井翔は“ヤラカシ”が原因で、ホテル暮らしをするハメになってしまったといいます。


“ヤラカシ”に目を付けられると、仕事中からプライベートまで、ずっと追いかけられることになります。

本当に、やってることはストーカーと変わらないと思います。


ジャニタレの“ヤラカシ”に関するエピソードは、いろいろとあります。

 古い話だと、すでにジャニーズを辞めた赤西仁がKAT―TUN時代に悪天候でバイクに乗っていた時、追いかけてくるヤラカシを巻こうとして転倒した事故もあった。最近では、地方から新幹線で戻ってきた嵐の桜井翔が東京駅で、写メを撮ろうとしたヤラカシをなだめたところ、ヤラカシが逆上して反ジャニーズがウリの女性誌にリーク。話が飛躍して、桜井がファンの携帯をたたき落としたという記事になってしまった。

桜井は一頃、ヤラカシ対策でホテル暮らしを余儀なくされたほどです」(前出の関係者)

 ジョン・レノンのように熱狂的なファンに殺害された事例もあるだけに、「今回の事件が表沙汰になったのを機に、いよいよジャニーズがヤラカシ対策に本腰を入れることになる」(同関係者)。

(日刊ゲンダイより引用)


赤西は、以前にバイク事故に遭っていたようです。

バイクに乗っている赤西を追いかけてきたようですね。

本当に危ないです。

これで大ケガや死亡事故が起こったら、どう責任を取るつもりなのでしょうか?


櫻井も“ヤラカシ”の被害に遭いました。

写メを撮ろうとしたヤラカシをなだめただけで、携帯をたたき落としたという記事になるのですから、本当に怖いですね。

この事件が原因かどうかはわかりませんが、ヤラカシ対策でホテル暮らしをするハメになってしまったそうです。


このようなことがあると、怖くて自宅にはいられません。

気持ちはわかりますね。


“ヤラカシ”に関わると、ろくなことになりませんね。

関わりたくなくても、逃れられないというのが現実のようです。

そのため、“ヤラカシ”と揉めて、思わず手を出してしまうことがあるようです。


ジャニーズ事務所では、“ヤラカシ”と普通のファンの線引きが難しいこともあってか、特に何も対策を講じていないようです。

今後は、所属タレントのことを第一に考えて欲しいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう