嵐・二宮和也が、7日に「しゃべくり007 春の国民的しゃべくり2時間スペシャル」に出演しました。

何と二宮は、番組の中で自身が“恥ずかしボディ”であることを認めたというのです。

ムキムキボディにしないのには、理由があるといいます。


ジャニタレと言えば、イケメン&引き締まったボディでしょうか?

特に肉体美を強調するために、上半身裸は当たり前ですね。


国民的アイドル・嵐のメンバーである二宮には、引き締まったボディどころか、メタボではないかという疑惑が以前からあります。

さすがに、メタボはマズイですよね。

二宮と言えば、休日はテレビ・ゲーム・ビールで、体を鍛えることはほとんどないようです。

普段は激しく踊るなどしていますので、激太りすることはないかもしれませんが、油断していると太る可能性は十分にあると思います。

ビールを飲み過ぎると、お腹が出てくると言われていますので、特に注意が必要ですね。


番組の中で、二宮は「昔からですけどアンコールとかでTシャツ脱ぎたくない」と告白しました。

どうも、二宮は裸になるのが嫌なようです。

その理由は、恥ずかしボディにあるようです。

ついに二宮が、ファンの間で浮上していた疑惑を認めたのです。


しかし、二宮いわく、これには理由があるというのです。

 ただ怠けた結果、ゆるめの体形になっていったわけではない。二宮は、若き日に事務所のスタッフから受けたアドバイスを振り返る。

 入った当時は不良っぽい方向に憧れていたが、「お前はそっちじゃない」と指摘されたという。ワイルドを目指すよりも戦争ドラマなど時代ものをやってくれと頼まれたそうだ。しかし、時代ものをやるとなると、ときには丸刈りにならないといけない。そのとき二宮は、「ボウズでムキムキってパンチありすぎるな」と、時代物を演じるには自然体でいたほうがいいと考えを変えたそうだ。

(日刊スポーツより引用)


二宮の顔に、ムキムキボディは似合わないと思います。

顔と体のバランスが取れていないような気がします。

あくまで私の意見ですが。

ムキムキボディになるまで鍛えなくてもいいと思いますが、メタボは何とか解消したいですね。

普通に、スリムなボディをキープしてくれればよいというファンが多いのではないでしょうか?

最近のアイドルは、昔と違ってあまり隠したりしませんよね。

普通なら、メタボを否定すると思います。

しかし、メタボさえ認め、笑いにしてしまうのですから、時代も変わったものですね。

特に、嵐はこの傾向が強いように思います。

これが嵐の人気の秘密なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう