2月28日に放送された「僕らの音楽」で、山下智久とOKAMOTO’Sが初対談しました。

山下のシングル曲「SUMMER NUDE’13」をアレンジしたのがOKAMOTO’Sで、メンバーのオカモトショウはドラマ「SUMMER NUDE」に出演しています。

山下が自身のいじめ?の体験を明かし、話題になっています。


山下は、自身のさまざまなエピソードを語りました。

2枚目のアルバムが「エロ」になったのは、マネージャーから「エロ」はどうかと言われたのが理由のようです。

本当は、横文字のカッコいいタイトルを考えていたのだそうです。


さらに、山下はジャニーズJr.時代の一番ビックリした出来事を明かしました。

『ミュージックステーション』にバックダンサーとして出演した時のことだ。生放送で一瞬のうちに衣装を着替えるシーンがあった。ジャニーズJr.は「衣装は全部自分で管理しないといけない」らしい。

最初の踊りを終えた山下が素早く衣装のある舞台裏に戻ると「いろいろな衣装が50人分くらい置いてある中で、バッと着替えようとしたら俺の分が無くなっていて…」というのだ。それにはOKAMOTO’Sも「えっ!?」と言うのがやっとで、次の言葉が出なかった。

山下が「(ステージに)出られなかったっていうことがあったね」と続けると「出られなかったんですか?」とOKAMOTO’Sもようやく問い返した。山下が「さっきの衣装で出たら、もっと怒られるからね」と説明すると彼らも事態の重大さが分かったようだ。

(Techinsightより引用)


「ミュージックステーション」に出演していた時に起こったのですか?

生放送だっただけに、山下は着替えようとして衣装がなかったのですから、焦ったでしょうね。


これは、いじめなのでしょうか?

衣装を隠すというのは、よく聞くいじめの典型ですね。

しかし、衣装が50人分くらい置いてあったということなので、誰かが間違って山下の衣装を着てしまったということは考えられないでしょうか?

それに、本当にいじめなら、その後も衣装を隠されたり、嫌がらせがあったはずだと思います。

この時の衣装がなかった話しかしていませんので、いじめではないかもしれませんね。

単なるいたずらの可能性もありますね。

“いじめ”と“いたずら”は、やられた者がどう感じるかによって異なると思いますので、一概には言えませんが。


山下が、“山P”と呼ばれるようになった理由も明かしています。

ジャニーズJr.時代に彼がピンクの衣装を着る場面で青い衣装を着ていたために、周りから「山下! 青じゃないよ、ピンクだよ!」と注意されていた。それを聞いていたタッキーこと滝沢秀明が「山下、ピンクだよ」を略して「山P」と呼んだというものである。

(Techinsightより引用)


私は、“山P”と呼ばれるようになった理由を知りませんでしたので少し驚きました。

“山P”の名前の由来が、まさか「山下、ピンクだよ」だったとは面白いですね。

しかも、ピンク大好きのタッキーに言われているところがさらにウケます。

今はもう慣れてしまっているでしょうが、はじめは“山P”と呼ばれると恥ずかしかったのではないでしょうか?

名前の由来が由来だけに。


ジャニーズJr.時代には、みんないろいろとあるようです。

苦しいレッスンにへこんだり、親友と呼べるジャニタレができたりと。

ジャニタレにとっては、Jr.時代が1番濃い青春時代なのかもしれません。


どの世界でもそうですが、いじめだけは絶対になくして欲しいですね。

特に、ジャニタレの中でいじめがあると、ファンが大きく失望してしまいます。

そのようなことにだけはならないようにして欲しいですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう