今井華の暴露により、番組が終了するのではないかと話題になっている山下智久がMCを務める「ジェネレーション天国」。

2月17日の放送回で、山下が「イメージ的によくないのはわかってるけど、我慢できなくて……」と意味深な発言を行っています。

これは、どういうことなのでしょうか?→ ranking

この発言に至った流れをおさらいしてみると、きっかけは今回のテーマの“銀座”にあるようだ。オープニングで「奥さん……僕と銀座でチョメチョメしませんか?」と台本にない発言をカメラ目線のドヤ顔で言い放つほど、のっけからハイテンションの山下。同じMCの今田耕司が「(台本に)書いてない!」と笑いながら暴露したが、バナナ世代(60歳以上)のゲスト・テリー伊藤から「それでOKだよ」と大きな掛け声が飛ぶと、スタジオが盛り上がった。しかし、山下の発言のなんとも言えないミスマッチ感が気になってしょうがない。

この番組で、バラエティ初司会に挑戦して丸1年が過ぎた山下。ただ、いまだに馴染めていないというか、素質に欠けるというか、不自然さがとれないでいる。

(ジャニーズ研究会より引用)


正直、山下のしゃべりは1年前とあまり変わっていません。

若干口数が増えただけで、話術はほとんど進歩していないと思われます。

芸人ではないのですから、それほど気にしなくてもよいです。

しかし、今後もバラエティ番組で活躍したいのであれば、今のままではかなり厳しいと思います。

ゲスト出演だけでよいのなら別ですが。

それでも、思い切ったことを言えるようになったのは評価できると思います。

テリー伊藤のOKは、アイドルの殻を破って思い切ってやれたという意味でのOKだったのではないでしょうか?

アイドルだからとか、恥ずかしいからとか言っているうちは、不自然さがなくならないと思います。


バブル時代の銀座のクラブの豪遊話を長嶋一茂から聞かされたあと、「山P~、どうですか? キウイ世代(40~50代)の銀座っていうのは?」と今田に話を振られると、「ワクワクしますね~」と相当うれしそうに答える山下。

「夜やん! 夜ばっかりやん!」とさらに今田にツッコまれると「大好きなんです。どうしてもねぇ……。わかってるんです。イメージ的にあんまし良くないなあってわかってるんです。どうしても我慢できなくて……」とそんなところまでぶっちゃけた。

「我慢できなくて……」だけでも十分夜遊び好きをアピールしていてイメージダウンなのに、自ら「イメージ的によくないのはわかってるけど」までオープンにしてしまう山下。本人なりに考えに考えてここまで発言しているのだろうし、山下の頑張りは十分伝わってはくるのだが、無理やりテンションを上げている感じがどうにも拭えず、もの悲しい。

(ジャニーズ研究会より引用)


山下は夜の話になると、テンションが高いですね。

山下については、以前夜遊びがひどすぎるという情報があちこちで聞かれました。

特に、赤西仁とは派手にやっていたようですね。

今は、赤西軍団から脱退したと言われていますが。


銀座の話の時に、山下から「イメージ的によくないのはわかってるけど、我慢できなくて……」という言葉が発せられました。

山下は、夜遊び好きを完全にアピールした形になってしまいましたね。

もう夜遊びが好き過ぎて、夜遊びについて語りたくて仕方がないという感じでした。

個人的には、山下のこういうノリは好きです。

どんなテーマでも、このようなテンションでトークできるようになればよいですね。


山下は、これからどのような方向に向かって進んでいくのでしょうか?

どの道を選ぼうと応援したいですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう