昨年のKis-My-Ft2にとって大きな出来事と言えば、舞祭組がデビューしたことでしょう。

その舞祭組がファンに初披露された昨年11月15日の東京ドーム公演で、横尾渉がソロパートで、音程のみならず、音のタイミングすら合っていないことが大きな話題になりました。

舞祭組をプロデュースした、SMAP・中居正広が横尾にあるアドバイスをしました。

そのアドバイスとは?→ ranking


初めてのお披露目のことについて、横尾も「ちょっと音ハズしちゃった」と気にしているようでした。

そこは長い付き合いのKis-My-Ft2メンバーが、しっかりとフォローしてあげます。

「でもそこはぶっちゃけ、そうじゃなくちゃ…ってところがあるから(笑)」(藤ヶ谷太輔)、「そうそう、みんな心の中でちょっと期待してると思う(笑)」(北山宏光)と、すっかり横尾の音痴がネタ認定されている様子。

そんな、ファンもジャニーズアイドルたちもすっかり認める横尾の“個性的な歌唱力”ですが、藤ヶ谷は「ちょっとまえにさ、事務所のえらい人がオレのところに来て、“あんた、横尾と仲がいんんでしょ? 音程はしょうがないけど、せめてピッチくらいは合わせるように言いなさい”って言われたの」と暴露。それを横尾に伝えたところ、本人も意識して歌うようになったのですが、そこに思わぬ伏兵が登場! 「中居さんが、そっこうツカツカって渉のところに来て、“おまえ、ピッチとか気にしなくていいから!”って(笑)。“そ、そうだよな…。それが渉らしさだよな”ってオレも心の中で思った(笑)」と、中居が「うまく歌いきること」よりも「横尾らしさ」を重視したことを明らかにしています。

もともとKis-My-Ft2の中でも個性が見えづらい存在だった横尾ですが、「音痴」というのが強烈な個性として世間に認知されたようで、横尾自身「今、肩の荷が下りた感じ(笑)。中居さんがそうやっていじってくれるから、ファンの人の目も“がんばれ!”ってあったかいよ。中には“ヘタでも一生懸命歌っている姿に、勇気をもらいました”まで言ってくれる人がいて(笑)」と、短所を武器に変えられたことを実感しているよう。中居プロデューサーの手腕が、またひとつ成功したといえそうですね。

(ジャニーズ研究会より引用)


メンバーはみんな優しいですね。

何か涙が出てくるぐらいいい話です。

とにかく、中居がすばらしいです。

事務所の偉い人が何と言おうと、中居は横尾の個性を活かすことを最優先させました。

なかなかできることではないです。

普通なら、偉い人には逆らえませんよ。

音痴も立派な個性だと思います。

ソロで歌うのなら致命的でしょうが、グループで歌うのなら他のみんなでカバーできます。

横尾は気にすることなく、自分の個性を出していけばよいと思います。

何も個性がない人間よりは、よほどいいと思いますよ。


音痴で有名な中居も、横尾の歌のヘタさには驚いたようです。

デビュー前に個々の歌唱力をチェックした時に発覚したそうです。

この時、中居は横尾に思わず「本当申し訳ないけど、俺よりヘタ?」と尋ねてしまったといいます。


横尾は、今後も音痴という個性を武器に活躍して欲しいですね。

どんな欠点でも、考え方1つで、プラスにもマイナスにもなるということです。

いい教訓にしたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう