イカメタルのオモリグの釣り方のコツと仕掛け

イカメタルのオモリグ仕掛けと釣り方のコツ

イカ釣りもどんどんゲーム性が高まってきています。

人気のイカメタルにオモリグという釣法が登場しました。

ここでは、イカメタルのオモリグ仕掛け(ロッドなど)と釣り方のコツについてご紹介します。

オモリグとは

オモリグは、今までのイカメタルとはまったく異なる釣り方です。

中オモリリグと言われることもあります。


仕掛けに大きな特徴があります。

通常のイカメタル仕掛けは、メタルスッテを1番先に付ける胴付きタイプのものです。

一方のオモリグ仕掛けは、1番先に浮きスッテやエギを付けて、天秤釣りのようにふわふわアクションさせて釣ります。

浮きスッテやエギがゆっくり沈んでいくので、非常によい誘いとなります。

特に、警戒心の強い良型のイカを狙うのにぴったりです。

オモリグの時期

オモリグの時期は、イカメタルの時期と同じです。

ケンサキイカを狙うのか、スルメイカを狙うのかで変わってきます。

ケンサキイカは、8~9月がもっともよく釣れます。

7~10月までなら期待できます。

一方のスルメイカは、6~8月がもっともよく釣れます。

5~10月までなら釣れます。


どちらも、小イカが釣れる時期がベストシーズンです。

時期は、地域によって異なることがあります。

オモリグの仕掛け

オモリグの仕掛けは次のとおりです。

イカメタルのオモリグ仕掛けと釣り方のコツ

オモリグのロッド

ロッドは、オモリグ(中オモリリグ)対応のものがおすすめです。

通常のイカメタルで使うロッドでも使えなくはありません。

穂先が少し硬めのものを使うとよいです。

ただ、使用するオモリの重さに注意が必要です。

オモリグのリール

リールは、スピニングリールを使います。

2000~3000番がおすすめです。

キャストするので釣りやすいです。

オモリグのライン

ラインは、PEの0.3~0.8号がよく使われます。

個人的にはは、0.6号を使っています。

オモリグのリーダー

リーダーは、市販のオモリグ用を購入するとよいです。

自作してもよいです。

オモリから1番先の浮きスッテ・エギまでは、約1m取っておきます。

オモリグのスッテ

スッテには、浮きスッテが使われます。

1.5~2.5号がおすすめです。

エギを使っても構いません。

オモリグのオモリ

オモリは、10~30号がよく使われます。

オモリグ専用のオモリが市販されています。

オモリの代わりに、メタルスッテを使ってもよいです。

メタルスッテなら、オバマリグのように浮きスッテ・エギとダブルでイカを狙えます。

オモリグの釣り方

オモリグには、竿下に沈める釣り方とキャストする釣り方があります。

まず、竿下に沈める釣り方です。

仕掛けを狙いのタナまで沈めます。

ロッドを何回かシャクッて、誘うのを止めます。

スッテがゆっくり沈んでいくのがよい誘いとなります。

巻きジャクリでもよいです。


他には、大きくシャクり上げ、ゆっくり竿先を下げていくのもおすすめです。

この時のテンションフォールで乗せます。


次に、キャストする釣り方です。

キャストして、狙いのタナまで沈めます。

何回かシャクッて止めます。

止めている間は、カーブフォールします。

カーブフォールとは、弧を描きながら沈んでいくことです。

しばらくカーブフォールさせた後、再度シャクリを入れます。

巻きジャクリでも構いません。


当たりは、通常のイカメタルと同じで非常に繊細です。

竿先が水平に戻るような当たり竿先が少し曲がるような当たりなどがあります。

違和感があれば、どんどん合わせていくとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。