春分とは二十四節気の1つです。

読み方は「しゅんぶん」です。

ここでは、春分とはいつのことで、どのような意味があるのかなどについてご紹介します。

春分とは!その意味は?

春分とは、二十四節気の4番目で春の4番目の節気です。

昼と夜の長さがほぼ同じとなる日のことです。

春分の日という祝日がありますが、実際は昼間の時間が少しだけ長いです。

冬に比べると、日が昇るのが早くなり、日が暮れるのが遅くなっていきます。

また、春分の日は太陽が真西に沈みます。

真西に沈む太陽は、極楽浄土の東門(極楽の入り口)に入ると伝えられています。

そのため、極楽にもっとも近い日と呼ばれることがあります。


春分は、啓蟄から数えて15日目頃から清明の前日までを言います。

春分の日はお彼岸の真ん中にあたることから、彼岸の中日お中日と言われています。

この頃になると、冬の寒さが過ぎ去って暖かな春がやって来ます。

スポンサーリンク

春分はいつ?

春分は、年によって日にちが変わります。

2020年の春分は3月20日となっています。


実は、節気にはその1日だけを意味する場合と次の節気までの期間を意味する場合があります。

前者なら、3月20日のことを指します。

後者なら、3月20日から4月3日までを指します。

ちなみに、次の節気は清明で2020年は4月4日です。


その後の5年分は次のとおりです。

  • 2021年は3月20日
  • 2022年は3月21日
  • 2023年は3月21日
  • 2024年は3月20日
  • 2025年は3月20日

20日か21日のどちらかになります。

春分とは?いつ?その意味は?食べ物は?【二十四節気】

春分におすすめの食べ物

春分におすすめの食べ物についてご紹介します。

ぼたもち

もち米とうるち米(あるいはもち米のみ)を蒸したものを丸め、餡をまぶして作ります。

春分の日に食べられます。



つくし

3~4月に採ることができます。

最近はあまり食べられなくなってきました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう