バレンタインにチョコレートをもらえばホワイトデーにお返しします。

これが一般常識となっています。

しかし、お返しに意味があることを知っている男性は少ないようです。

ここでは、ホワイトデーに関するさまざまな情報をご紹介します。

ホワイトデーとは!いつなのか

ホワイトデートは、2月14日のバレンタインデーに女性からチョコレートをもらった男性がお返しをする日のことです。

これは日本独自の習慣です。

そのため、欧米では見られません。

ただ、日本の影響を受けた韓国や台湾、中国の一部では同じようなことが行われています。

ホワイトデーとは!いつ?お返しには意味がある!

ホワイトデーは、マシュマロデーから始まったと言われています。

マシュマロデーとは、昭和52年福岡市のお菓子屋・石村萬盛堂が3月14日にバレンタインデーのお返しにマシュマロを贈ろうと提唱したものです。

これがきっかけとなって、他の菓子メーカーもクッキーやキャンディーなどを贈る販売戦略を打ち出していきました。

翌昭和53年には、全国飴菓子工業協同組合がキャンディーを贈る日として3月14日をホワイトデーと決めました。

そして、ホワイトデーが若い男女を中心に広まっていきました。

今では、マシュマロやキャンディーだけでなく、いろいろなものがお返しとして贈られています。


ホワイトデーは3月14日となっています。

2月14日はバレンタインデーで、その1ヵ月後がホワイトデーと覚えておくと忘れにくいかもしれません。

どちらも14日です。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しの意味【一覧】

ホワイトデーのお返しは、女性に気に入ってもらえるかどうかで選んでいることが多いようです。

そのため、ほとんどの男性はお返しに意味があることを知りません。

男性側からすると、きちんと意味を知っておかないと女性を傷つけることになってしまうかもしれません。

女性側からすると、お返しの意味をあまり深く考えない方がよいかもしれません。


そうは言っても、やっぱりお返しの意味は知っておいた方がよいでしょう。

ここでは、お返しとしてよく贈られるものをご紹介します。

  • マシュマロ 「あなたが嫌いです」
  • キャンディ 「あなたが好きです」
  • クッキー 「友達でいましょう」
  • マカロン 「あなたは特別な人です」
  • チョコレート 「特別な意味はありません」
  • キャラメル 「あなたといると安心します」
  • グミ 「あなたが嫌いです」
  • バウムクーヘン 「あなたがずっと好きです」
  • ハンカチ 「別れを意味します」

このことから、友達にはクッキーやチョコレートが最適です。

本命の彼女には、マカロンやキャンデーが最適です。

しかし、実際にはこれ以外に(高級)チョコレートやアクセサリ、ブランド品などが贈られているようです。


男は三倍返し”という言葉をご存じでしょうか?

これは、男性は女性がくれた物よりも高い物を贈らなければならないという意味です。

ただ、気持ちが大切なので、金額はそれほど気にしなくてもよいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう