花粉症対策の注射の種類と効果

花粉症対策にはいろいろな方法があります。

中でも、注射はかなり効果が見込めます。

ここでは、花粉症対策の注射の種類と効果についてご紹介します。

花粉症対策としての注射の種類

花粉症の症状を軽減したり、抑制するために注射が用いられることがあります。

特に、鼻水・鼻づまり・かゆみなどの花粉症の症状を抑えるのに効果があります。

病院で主に行われている注射の種類には3つあります。

その3つとは、「ステロイド注射(副腎皮質ホルモン注射)」と「減感作療法」、「ヒスタグロビン注射」です。

よく話題になる注射は、「ステロイド注射(副腎皮質ホルモン注射)」と「減感作療法」です。

ステロイド注射の効果!副作用に注意

ステロイド注射は”一発で治る薬”や”魔法の薬”と呼ぶ人がいるぐらい効果があります。

個人差はありますが、1回注射を打つと数週間ぐらいは花粉症の症状を抑えることができるを言われています。

なぜそんなに効果があるのかと言いますと、副腎皮質ステロイドには免疫抑制作用があり、花粉に対するアレルギー反応を抑える込むためです。

この部分だけを聞くと、花粉症に悩まされている人は本当にすばらしい薬だと思ってしまいます。

しかし、持続性ステロイドによる副作用が発生する可能性があります。

この副作用の危険性から、ステロイド注射を打たない病院もあります。

花粉症対策の注射の種類と効果

減感作療法の注射の効果

花粉症は、アレルゲンに対する過敏反応により起こります。

簡単に言うと、悪者のアレルゲンを体内から取り除こうと過敏になりすぎて、花粉にも反応してしまい、くしゃみや鼻水という症状になって現れます。

減感作療法は注射によって、アレルゲンを体内に投与することで、アレルゲンに対する過敏な反応を抑制しようとする方法です。

減感作療法は花粉症を元から治療する方法です。

治療がうまくいった場合は、花粉症の症状を大幅に軽減することができます。

ヒスタグロビン注射の時期と副作用

あらかじめヒスタミン抗体を体内に投与して、ヒスタミンに対する耐性を作り、花粉症の症状を抑えるというものです。

花粉症の症状が出る前に打つ必要があります。

この注射にも眠気、頭痛などの副作用が発生する可能性があります。

保険が適用されます。

花粉症対策の注射の種類と効果


主な注射は上の3つですが、他にも注射の種類はあります。

ノイロトロピン注射(花粉用)の効果

ノイロトロピン注射は、鼻水や鼻づまり、目のかゆみに効き目があります。

副作用がほとんどなく、花粉症の内服薬と併用できます。

保険が適用されます。

プラセンタ注射

プラセンタは美肌や美白、アンチエイジング効果など美容で有名です。

このプラセンタには、アレルギー症状を抑制する効果があります。

プラセンタをサプリやドリンクで飲む方法と、注射や点滴で体内に投与する方法があります。

保険の適用はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。