クラリチンの効果・副作用についてご紹介します。

眠気はあるのでしょうか?

薬の種類 アレルギー性疾患の治療薬
主要な成分 セチリジン塩酸塩
メーカー UCB

クラリチンの作用と効果

クラリチンの作用と効果についてご紹介します。

花粉症の症状を引き起こすヒスタミンのアレルギー反応を抑さえます。

アレルギー性鼻炎(くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど)、じんましん、アトピー性皮膚炎などに伴うかゆみの治療に用いられます。

スポンサーリンク

クラリチンの副作用

クラリチンの副作用についてご紹介します。

主な副作用として、眠気(弱い)、倦怠感、口の渇き、腹痛、頭痛などがあります。

場合によっては、肝機能障害などが起こることもあります。

クラリチンの効果・副作用(眠気)は?

クラリチンを服用するにあたって

クラリチンを服用するにあたっては次のことに注意してください。

基本的には、1日に1回寝る前に服用します。

医師の指示がないのに、自己の判断で飲むのを止めないでください。

口コミ


良い口コミ

  • 寝る前に飲むだけなので、飲み忘れがない。
  • かゆみによく効く。
  • ぜんぜん眠くならない。
  • 一番よく効く。


悪い口コミ

  • 昨年は効いたが、今年は効かない。
  • 効きが悪い。
  • 眠くなる。

クラリチンに対する全体的な評価

クラリチンに対する全体的な評価についてご紹介します。

1日1回飲むだけでよい便利さがあります。

しかも、あまり眠くないとされるのがよいです。

クラリチンは、医療用とほとんど変わらない薬です。

そのため、薬剤師の指導を受けないと薬局でも購入できません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう