アレグラの効果・副作用(眠気)は?

アレグラの効果・副作用(眠気)は?

アレグラの効果・副作用についてご紹介します。

眠気はあるのでしょうか?

薬の種類 アレルギー性疾患の治療薬
主要な成分 フェキソフェナジン塩酸塩
メーカー サノフィ・アベンティス

アレグラの作用と効果

アレグラの作用と効果についてご紹介します。

ヒスタミンなどを抑制し、アレルギー性鼻炎(くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど)、じんましん、アトピー性皮膚炎などに伴うかゆみの治療に用いられます。

アレグラの副作用

アレグラの副作用についてご紹介します。

主な副作用として、頭痛、眠気(弱い)、吐き気、喘息増悪、発疹、かゆみ、じんましんなどがあります。

場合によっては、肝機能障害などが起こることもあります。

アレグラの効果・副作用(眠気)は?

アレグラを服用するにあたって

アレグラを服用するにあたっては次のことに注意してください。

基本的には、1回1錠を1日2回服用し、症状や年齢によって量が変わることがあります。

花粉の飛散が始まる前から、服用を始めると効果的です。

花粉のシーズン中は、服用を続けるのがベストです。

服用したり、服用しなかったりすると効果が半減することがあります。

医師の指示に従ってください。

口コミ


良い口コミ

  • 眠くならず、鼻水が出ない。
  • 喉の渇きは感じません。
  • 即効性はないが、時間が経てば効いてくる。
  • 飲み続けると効果が出てくる。
  • 花粉症によく効き、副作用が少ない。


悪い口コミ

  • 多少はマシになる程度にしか効かない。
  • 最近効きが悪くなってきた。
  • 症状がひどいと全く効かない。
  • 市販の薬の方が効くと思う。

アレグラに対する全体的な評価

アレグラに対する全体的な評価についてご紹介します。

アレグラは重度の花粉症にほとんど効果がないという医者がいます。

それなのにアレグラの人気が高いのは、飲んでもあまり眠くならないためです。

仕事で車を運転する人は、眠くなる薬は飲めません。

ただ、アレグラでも軽度の花粉症には多少は効果があるようです。

薬は1週間飲んで効果が感じられなかったら、他の薬に変えてもらった方がよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。