花粉症の症状は、ヒスタミンによる神経や血管などが刺激されるアレルギー反応のことです。

したがって、花粉症の症状を軽減させたり、遅らせたりするにはヒスタミンを抑制しなければなりません。

そこで開発されたのが、抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬は花粉症だけではなく、風邪の治療や睡眠改善薬、酔い止めの薬などとしても使用されています。

花粉症の内服薬の種類

花粉症の内服薬の種類についてご紹介します。

内服薬において、抗ヒスタミン薬は第一世代第二世代に分けることができます。

第一世代の抗ヒスタミン薬

第一世代の抗ヒスタミン薬は、花粉症の予防のために飲むというよりは、症状を軽減させるために飲む薬です。

市販薬は第一世代の抗ヒスタミン薬です。

予防的な効果はないと言われています。

したがって、市販薬は症状が出てから飲むとよいです。

また、即効性があるので、飲んでから30分ほどで効果がでます。

効果には個人差があります。

気になる副作用ですが、強い眠気口の渇きがあります。

個人差がありますので、必ず起こるものではありません。

鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどに効果的です。

しかし、鼻づまりには効果がないと言われています。

花粉症の薬の種類

第二世代の抗ヒスタミン薬

第二世代の抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬で、花粉症の症状を軽減する効果と予防する効果があります。

病院で処方してもらえる抗アレルギー薬は、第二世代の抗ヒスタミン薬です。

花粉症の薬はいつから飲めばよいのでしょう。

第二世代の抗ヒスタミン薬には、花粉症の予防の効果があるので、症状が出る前に飲む必要があります。

やや効果が弱く、効果が出るまでに日数が掛かってしまいます。

薬の効果が出るまでには、およそ2週間ぐらいかかります。

できれば、花粉症の症状が出る2週間前(飛散開始予想日の2週間前)に飲んでおくのが理想的です。

即効性がない分、効果がある程度持続します。

第一世代の抗ヒスタミン薬よりも、眠気などの副作用があまりありません。

鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどはもちろんのこと、鼻づまりにもある程度の効果があります。


どちらの抗ヒスタミン薬を飲む時も、継続して飲むことが望ましいです。

今日は”鼻水があまり出ないから飲むのをやめよう!”といった感じで飲んだり飲まなかったりしたのでは効果が半減します。

予防効果のある第二世代の抗ヒスタミン薬の場合はなおさらです。

やはり、どちらの薬を飲む場合も、医者や薬剤師の説明を受けて飲む方がよいです。

スポンサーリンク

花粉症の点眼薬・点鼻薬

点眼薬や点鼻薬も抗アレルギー薬には予防の効果がありますが、即効性はありません。

副作用はほとんどありません。

点眼薬や点鼻薬も市販のもので良いものがあります。

心配なら医者や薬剤師の説明を受けてから使用した方がよいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう