花粉症になりやすい人となりにくい人【危険度チェック】

実は、花粉症になりやすい人となりにくい人がいます。

なりやすい人にはある特徴があるそうです。

ここでは、花粉症の危険度をチェックすることができます。

あなたの花粉症危険度をチェックしてみましょう!

花粉症危険度チェックの項目

次の項目にいくつ該当するか、チェックしてみてください。

チェック1


・薬指より人差し指の方が長い

花粉症になりやすい人となりにくい人

チェック2


・子供の頃よくプールで遊んでいた

花粉症になりやすい人となりにくい人

チェック3


・家の中でペットを飼っている

花粉症になりやすい人となりにくい人

チェック4


・川沿いに住んでいる

花粉症になりやすい人となりにくい人

チェック5


・鼻毛を週に2回は切る

花粉症になりやすい人となりにくい人

花粉症危険度チェックの結果

上の1つでも当てはまると花粉症になる危険性があります。

その理由は次のとおりです。

チェック1について


胎児の時にエストロゲン(女性ホルモン)が多いと、薬指より人差し指の方が長くなります。

女性ホルモンが多いと、アレルギー反応の危険性が高まってくると言われています。

そのため、薬指より人差し指の方が長いと、花粉症の危険性が高くなるのです。

チェック2について


プールの塩素は、鼻などの粘膜を弱らせ、花粉の影響を受けやすくします。

プールに入った後に、よく洗うなどの粘膜のケアが必要です。

きっちりとケアできていない人ほど、花粉症の危険性が高いかもしれません。

チェック3について


家の中でペットを飼っていると、散歩などで毛についた花粉を大量に家に持ち込んでしまいます。

そのため、家の中にも花粉が浮遊し、体内に花粉が入るリスクが高くなってしまいます。

チェック4について


一見、川沿いに住んでいることと花粉症とは、まったく関係がないように思えます。

しかし、そうではないといいます。

川は山から来た花粉の通り道になっていて、花粉が蔓延しやすい場所となっているのです。

チェック5について


最近は、特に女性の中で鼻毛を切り過ぎたり、抜いてしまう人がいます。

しかし、これは花粉症になるリスクを高める行為だというのです。

鼻毛を切り過ぎると、花粉が粘膜に付きやすくなってしまい、花粉症の危険性が高まるといいます。


みなさんは、いくつ該当する項目がありましたか?

できる範囲で構わないので、花粉症の予防に役立ててください。


※こちらは、以前「100秒博士アカデミー」で放送されていたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。