雨水とは?いつ?その意味は?食べ物は?【二十四節気】

雨水とは?いつ?その意味は?食べ物は?

雨水とは二十四節気の1つです。

読み方は「[color color=”red”]うすい[/color]」です。

ここでは、雨水とはいつのことで、どのような意味があるのかなどについてご紹介します。

雨水とは!その意味は?

雨水とは、二十四節気の[color color=”red”]2番目[/color]で春の[color color=”red”]2番目[/color]の節気です。

[color color=”red”]雪が溶けて雨が降り出す頃[/color]のことです。

実際は、まだ雪がたくさん積もっています。


雨水は、[color color=”red”]立春から数えて15日目頃から啓蟄の前日まで[/color]を言います。

[color color=”red”]農耕の準備を始める時期[/color]とされています。

まだ外は寒く、雪が降り積もります。

三寒四温を繰り返しながら、徐々に温かくなっていきます。

雨水はいつ?

雨水は、年によって日にちが異なることがあります。

2020年の雨水は[color color=”red”]2月19日[/color]となっています。


実は、節気にはその1日だけを意味する場合と次の節気までの期間を意味する場合があります。

前者なら、[color color=”red”]2月19日[/color]のことを指します。

後者なら、[color color=”red”]2月19日から3月4日まで[/color]を指します。

ちなみに、次の節気は啓蟄で2020年は3月5日です。


その後の5年分は次のとおりとなっています。

  • 2021年は[color color=”red”]2月18日[/color]
  • 2022年は[color color=”red”]2月19日[/color]
  • 2023年は[color color=”red”]2月19日[/color]
  • 2024年は[color color=”red”]2月19日[/color]
  • 2025年は[color color=”red”]2月18日[/color]

18日か19日のどちらかになります。

雨水とは?いつ?その意味は?食べ物は?

雨水の日に雛人形を飾るとよい?片付ける時期は?

雛人形を飾る時期について悩む人が多いです。

いつから飾ればよいかわからないためです。

[color color=”red”]雛人形は雨水の日に飾るとよい[/color]と言われています。

それは、[color color=”red”]良縁に恵まれる[/color]ためです。

雨水の日に雛人形を飾るとよい?片付ける時期は?

では、どうして雨水の日なら良縁に恵まれるのでしょうか?

それは、水は命の源で、母と考えられてきたためです。

その証拠に、水の神様は子宝の神様・安産の神様とされている場所もあります。


実際のところ、[color color=”red”]立春から2月中旬頃に飾る[/color]家庭が多いです。

飾る時期については、特に決まりがあるわけではありません。


雛人形を片付ける時期についても決まっていません。

[color color=”red”]3月3日から2週間以内[/color]に片付ける人が多いです。

片付けるのが遅れると婚期が遅れるとよく言われますが、ただの迷信で気にする必要はありません。

天気のよい乾燥した日に片付けるとよいです。

湿気のある日は避けた方が無難です。

雨水におすすめの食べ物

雨水におすすめの食べ物についてご紹介します。

フキノトウ

春を告げる野菜として欠かせません。

天ぷらや和え物によく使われます。



春キャベツ

春キャベツは、普通のキャベツのようにぎっしりと中が詰まっていません。

葉と葉の間に隙間があるので、ふわっとしています。



蛤(はまぐり)

はまぐりと言えば、お吸い物のイメージが強いです。

桃の節句でよく食べられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。