立春とは?いつ?その意味は?食べ物は?【二十四節気】

立春とは二十四節気の1つです。

読み方は「りっしゅん」です。

ここでは、立春とはいつのことで、どのような意味があるのかなどについてご紹介します。

立春とは!その意味は?

立春とは、二十四節気の1番目で春の1番目の節気です。

暦上の春が始まる日のことです。

実際のところ、まだ冬ですが、中国から伝わった太陰太陽暦では春なのです。

日本の実際の季節とはズレがあります。


立春は、大寒から数えて15日目頃から雨水の前日までを言います。

立春過ぎに初めて吹く強い風のことを“春一番”と呼びます。

春一番が吹くとだんだん春に近づいてきます。

梅の花が咲き始めます。

立春はいつ?

立春は、毎年によって日にちが変わります。

2020年の立春は2月4日となっています。


実は、節気にはその1日だけを意味する場合と次の節気までの期間を意味する場合があります。

前者なら、2月4日のことを指します。

後者なら、2月4日から2月18日までを指します。

ちなみに、次の節気は雨水で2020年は2月19日です。


その後の5年分は次のとおりです。

  • 2021年は2月3日
  • 2022年は2月4日
  • 2023年は2月4日
  • 2024年は2月4日
  • 2025年は2月3日

3日か4日のどちらかになります。

立春とは?いつ?その意味は?食べ物は?

立春大吉とは?お札の貼り方は?

立春大吉の日は、毎年2月4日頃となっています。

禅寺では、魔除けや厄除けのため“立春大吉”と書かれた紙を門に貼る習慣があります。

お寺の檀家となっている家に配られることもあります。

家なら玄関に貼っておきます。


どうしてお札を貼るのかというと、1年間平穏無事に過ごせるようにするためです。

お札には、鬼を追い払う効果があります。

“立春大吉”を縦書きにすると左右対称です。

そのため、表から呼んでも裏から読んでも“立春大吉”と読むことができます。

家に入ってきた鬼は、“立春大吉”と書かれたお札を見て、まだ家に入っていないと勘違いをして家から出て行ってしまいます。

これにより、平穏無事に過ごせるのです。

立春におすすめの食べ物

立春におすすめの食べ物についてご紹介します。

立春という言葉がついた食べ物があります。

立春朝搾り


立春の日の早朝に搾ったお酒のことです。

福を呼ぶお酒です。

もちろん、立春の日においしい状態で飲めるように仕込まれています。

すべての蔵元で販売しているわけではないので数が少ないです。

立春生菓子


立春の日の朝に作られた生菓子です。

その日のうちに食べると縁起がよいと言われています。

桜餅やうぐいす餅といった生菓子がよく食べられます。

立春大吉豆腐


豆腐には、昔から体を清める力があるとされてきました。

節分に豆まきをして、翌日の立春に豆腐を食べるとよいとされています。

立春大福


立春大福の“立春”は、“立春大吉”から来ています。

餅は、昔から縁起のよい食べ物と知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。