ドラマ「恋はつづくよどこまでも」が1月から始まります。

「君の名は。」で一躍有名となった上白石萌音さんが主演を務めます。


このドラマは、一目惚れした運命の医師を追いかけて看護師となった主人公の奮闘ぶりが描かれています。

やっとのことで看護師となった主人公が運命の医師と出会います。

しかし、その医師は思い描いていたような人物ではなく、超ドSの別人でした。

主人公は、ドSな態度にくじけることなく、困難を根性で乗り越えていきます。

今後、2人の関係は恋愛関係に発展していくのでしょうか?

恋はつづくよどこまでもの感想とネタバレ
(公式HPより引用)

恋はつづくよどこまでもの放送時間など

恋はつづくよどこまでもの放送時間などについてご紹介します。

毎週火曜日22:00~

TBS系

2020年1月14日(火)よりスタート!

スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでもの主要なキャスト

恋はつづくよどこまでもの主要なキャストについてご紹介します。

上白石萌音:佐倉七瀬役

循環器内科の新人看護師です。

天堂に一目惚れして看護師を目指しました。

天堂のドSな態度に負けずに頑張っていきます。

そのため、勇者と呼ばれます。

佐藤健:天堂浬役

循環器内科のエリート医師です。

完璧主義者で非常にストイックです。

そのため、魔王と呼ばれています。

七瀬を役に立たないと思っています。

香里奈:流子役

天真爛漫で酒好きの美女です。

謎の多い女性です。

七瀬と天堂の恋に関わっていく!?

毎熊克哉:来生晃一役

天堂とは同期の循環器内科の医師です。

優しい性格で、七瀬を助けてくれます。

魔法使いと呼ばれています。

渡邊圭祐:仁志琉星役

七瀬とは同期の新人看護師です。

看護師なのに血は苦手ですが、患者からの人気はあります。

流子のことが好きです。



主題歌などはこちらをご覧ください!


1話の感想とネタバレ

ネタバレ

修学旅行で東京観光をしていた高校生の佐倉七瀬(上白石萌音)は、初老の女性が目の前で意識を失い倒れるところに遭遇する。
慌てふためく七瀬だったが、偶然通りかかった医師・天堂浬(佐藤健)が介抱したことで女性は意識を取り戻す。
スピーディに対処する天堂の姿に一目ぼれした七瀬は、彼に会いたい一心で看護師を目指すことを決意。

それから5年後――。 晴れて看護師になった七瀬は、憧れの天堂が務める日浦総合病院に勤めることに。
再会早々、天堂に愛の告白をするが、5年前のことを微塵も覚えていない天堂にこっぴどく振られたあげく、厳しい言葉で罵られてしまう。
落ち込む七瀬は、同じく新人看護師の仁志琉星(渡邊圭祐)、酒井結華(吉川愛)、菅野海砂(堀田真由)と共に、各科を研修で回ることに。
七瀬は天堂が所属する循環器内科で研修をすることになるが、天堂に早く看護師として認められたい気持ちが空回りし、ミスを連発、叱責されてしまう。
天堂から看護師は向いていないと言われ気落ちしていた七瀬は、何度も入退院を繰り返す小児科の患者・杏里(住田萌乃)に出会う。
杏里の優しい言葉に看護師としてのやる気を取り戻した七瀬は、急な不整脈で入院してきた神田の看護を担当することに……。
(公式HPより引用)


神田を担当することになった七瀬は、さらにミスをしてしまいます。

天堂からは、「(看護師に)向いていない。」「実害出す前に消えろ。」とまで言われてしまいます。


ショックのあまり落ち込んでいると、杏里が備品などが置かれた倉庫へ連れて行ってくれて慰めてくれます。

ここは、新人看護師がやって来て泣くところだそうです。

涙を拭えるように、トイレットペーパーが常備されています。


杏里は、6歳の頃から入退院を繰り返しています。

もうすぐ退院ができると喜んでいます。


七瀬は、今度は小児科の研修を受けることにとなりました。

杏里は検査の結果、数値がかなり悪化し、心臓の移植をしなければならなくなりました。

当然退院はできなくなりました。


この結果を聞いた杏里は強がっていましたが、相当なショックを受けていました。

倉庫へタオルを取りに行った七瀬は、トイレットペーパーが使ったママになっていることに気づきます。

七瀬はピンときました。

もしかしたら、杏里が泣いていたのかもしれないと。


そこで、杏里の病室に行ってみることに。

すると、もう寝る時間なのに杏里がいません。

みんなで病院中を探します。

そして、七瀬は非常階段に杏里を発見します。

声をかけると、杏里は柵を乗り越えて飛び降りようとします。

七瀬は、必死に杏里を説得します。


杏里を柵から下ろそうとした時に、杏里が急に足を滑らせます。

とっさに杏里を掴んだ七瀬ですが、落ちないように杏里を掴んでいるのが精一杯です。

だんだん握力は低下し、もうダメと思った時に大声で助けを呼びました。

そこへ駆けつけたのは天堂でした。

何とか杏里を救出しました。


その後、天堂は5年前の七瀬との出来事について語り、「あの頃と何も変わっていないな。」と言ったのです。

天堂は七瀬のことを覚えていたのです。

七瀬は、あのことがあって、卒業後は人を助ける道に進みたいと思うようになったことを天堂に伝えます。


しかし、天堂のドSな発言が。

「言うのは勝手だがな。今は邪魔でしかない岩石同然のド新人だ。」

「いいか佐倉。少し患者の異変に気づけたからと言って図に乗るなよ。」


たまたま帰りが一緒になった天堂に、七瀬は循環器内科に行くので鍛えて欲しいとお願いします。

「素の性格はさておき、医者として先生は好きなので」とまさかの告白をします。

天堂は「素の性格はさておきっておまえが言うな」と言われてしまいます。


最後に、七瀬と天堂は同じマンショの隣同士に住んでいることがわかりました。

天堂の部屋からは女性が出てきて、天堂に抱きついていました。

七瀬は、複雑そうな表情をしていました。


感想

天堂は、魔王と呼ばれるくらいみんなから恐れられる存在でした。

天堂にきつく言われて看護師を辞めるものをいるそうです。

確かに厳しいですが、言っていることに間違いはありません。

天堂を追いかけてこの病院へ来たので、動機が不純です。

命がかかった現場だけに、そのような浮ついた気持ちでは他の人に迷惑がかかってしまいます。


天堂は5年前のことを覚えていたのですね。

5年前の天堂なら、七瀬との再会を喜んでくれたと思います。

しかし、天堂はあることが原因で、別人に変わってしまったそうです。

天堂に一体ないがあったのでしょうか?


天堂の部屋から出てきた女性も気になります。

天堂とはどのような関係なのでしょうか?

2話以降の感想とネタバレ

ネタバレ

5年振りに再会した天堂浬(佐藤健)が、偶然にも隣の部屋に住んでいることが分かり、有頂天となる佐倉七瀬(上白石萌音)。
しかしその直後、謎の美女・流子(香里奈)と一緒に住んでいると知り、七瀬は落胆。
さらには、なんと流子から強引に2人の“愛の巣?”に招かれることに…!?
初めて、天堂のプライベートな姿を垣間見て淡い妄想を膨らませる七瀬だが、天堂からは「うちの科にくるなら手加減しない」と一喝されてしまう。

そんな中、循環器内科に正式配属された七瀬は、天堂の下に付くことに。
天堂に一人前の看護師として認められたい七瀬だが、相変わらずミスを連発し、罵声を浴びせられていた。

一方、急な不整脈で入院中の家電量販店の従業員・神田光喜(金子大地)の緊急オペが決まる。
しかし、オペの不安からか、神田は食欲不振に…。
そんな神田に対し、天堂は投薬療法を見直し、食欲増進を図ろうとする。
七瀬は院内で開催するスペシャルイベントに神田を誘うことを思いつくのだった。
七瀬の優しい気遣いに、食欲と前向きな気持ちを持ちなおした神田は、退院後に七瀬へオススメの炊飯器を提案することを約束する。

笑顔を取り戻した神田の表情に安心する七瀬だが、オペの前に神田の容態が再び急変し…。
(公式HPより引用)


これ以降の「恋はつづくよどこまでも」のネタバレ・感想はこちらで!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう