ドラマ「10の秘密」が1月から始まります。

向井理さんが民放の連続ドラマでは久しぶりの主演を務めます。


このドラマは、シングルファーザーの主人公が娘を誘拐されたことをきっかけに、登場人物の秘密に翻弄されていくサスペンスです。

さまざまな秘密が絡み合って、次から次へと事件が起こっていきます。

すべての秘密が暴かれれば、一体どうなるのでしょうか?

10の秘密の感想とネタバレ
(公式HPより引用)

10の秘密の放送時間など

10の秘密の放送時間などについてご紹介します。

毎週火曜日21:00~

フジテレビ系

2020年1月14日(火)よりスタート!

スポンサーリンク

10の秘密の主要なキャスト

10の秘密の主要なキャストについてご紹介します。

向井理:白河圭太役

一級建築士の資格を持つ建築確認検査員です。

14歳の娘と2人で暮らしています。

娘を非常に大切しています。

仲間由紀恵:仙台由貴子役

離婚した圭太の元妻です。

大手建設会社の帝東建設株式会社の顧問弁護士です。

同社経営戦略室の室長と恋人関係にあります。

仲里依紗:石川菜七子役

圭太の幼なじみです。

面倒見がよい保育士で、圭太とは家族ぐるみの付き合いをしています。

圭太とは兄妹のような関係です。

山田杏奈:白河瞳役

圭太の14歳の娘です。

バイオリンが好きです。

圭太とは非常によい父娘関係を築けているが誘拐されてしまいます。

松村北斗:伊達翼役

瞳の音楽仲間の音大生です。

ジャズバーでピアノを演奏しています。

誰にも明かせない秘密を持っています。



主題歌などはこちらをご覧ください!


1話の感想とネタバレ

ネタバレ

白河圭太(向井理)は14歳の娘・瞳(山田杏奈)と2人で暮らす建築確認検査員。9年前、弁護士で上昇志向の強い元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵)が家を出て行って以来、シングルファザーとして奮闘しながら娘と良好な関係を築いてきた。

そんなある日、圭太のもとに「娘は預かった。3日以内に仙台由貴子を探せ」と誘拐をほのめかす電話がかかってくる。半信半疑のまま、瞳と連絡が取れないことに不安を覚えた圭太はすぐに由貴子の所在を確認するが、元妻は勤めていた大手弁護士事務所を数日前に突然辞め、上司だった男はクライアントである宇都宮竜二(渡部篤郎)への説明対応に追われていた。一方で、瞳がここ最近学校や部活を休みがちで、塾もやめていたことが明らかに。何でも知っていると思っていた娘の秘密を知り、激しく動揺する圭太。しかし瞳は、ほかにも驚くべき秘密も抱えていて……!?

そんな圭太の異変に気付いたのは、幼なじみで保育士の石川菜七子(仲里依紗)だった。圭太は菜七子にこれまでのことを打ち明け、一緒に警察へ。すると、その様子を男が物陰から見ていて、圭太はさらなる窮地を迎える。

やがて、瞳を救い出すカギが由貴子だと確信した圭太は、元妻が暮らす高級マンションへ急ぐ。そこで由貴子のクライアントで恋人だという竜二と再会し、部屋へ案内してもらうが、生活感のかけらもないその部屋で、圭太は由貴子の信じられない秘密を知ることになる―!
(公式HPより引用)


圭太は、由貴子のマンションでたくさんの督促状を目にします。

弁護士として高額な給料をもらっていたはずの由貴子が、どうして支払いができないのか。

圭太はどうなっているのかさっぱりわかりません。


犯人からは3日以内に由貴子を見つけないと、瞳の命はないと脅され、必死に由貴子を探します。

調べていくと、由貴子は借りものばかりの偽のセレブ生活を送っていたことがわかりました。

資産と呼べるものはなく、逆に多額の借金を背負っているようです。

由貴子に一体何が起こったのでしょうか?


瞳にも秘密がありました。

瞳は無断で学校を休んでいただけでなく、ライブハウスでピアノを弾く男性と頻繁に会っていたことがわかりました。

父親の圭太は信用できないと思っているようです。


さらに、瞳の友人の泉崎真衣から、他にも圭太が知らない瞳の秘密を聞きます。

先ほどのピアノを弾く男性は翼という名前で、瞳が何でも相談できる存在であるそうです。

また、圭太は瞳に何か隠していることがあって、それを聞くために由貴子と連絡を取り合っていたことも知ります。


実は、圭太には瞳に秘密にしていることがあります。

昔、圭太と由貴子があることについてこのまま隠し続けることを決意する場面がありました。

そのあることは瞳に関係があるようで、瞳はもちろん、他の誰にも知られてはいけないと言っていました。

そのため、心配して圭太に協力してくれている菜七子さえも隠し事はないと言っています。


由貴子を探しているのは圭太だけではありません。

帝東建設の社長も、竜二に由貴子を探させています。

由貴子が止めようとしたにもかかわらず、建設中のビルの屋上から飛び降りた帝東建設の社員の飛び降り自殺と由貴子が何か関係していそうです。


犯人から指示された3日目となりました。

まだ由貴子の居場所はわかりません。


探し歩いていると、突然由貴子から電話がかかってきました。

瞳が誘拐されたことなどを話すと、由貴子は犯人に心当たりがあるので助けに行くと、圭太に言いました。

これまでのことで、由貴子が相当ヤバい状況に置かれていることを知っている圭太は由貴子を心配します。

由貴子に秘密があるのなら、全部言って欲しいと言います。


何気なく、視線を上げると、目の前に由貴子が立っていました。

そこでドラマは終了しました。


感想

展開の早いドラマで見応えがありました。

次から次へと、いろいろな人の秘密が明かされていきます。

今回は由貴子や娘の秘密でしたが、まだまだこれで全部ではないと思われます。

もっとすごい秘密が隠されているように感じます。


最大の秘密は、瞳に関する絶対に他人に知られてはいけないことと帝東建設の社員の飛び降り自殺に関することのように思われます。

こえからこの2つの秘密に関して徐々に明らかになっていくのではないでしょうか?


実際にドラマを観て、想像以上に面白かったと感じました。

SNSでも、好評のようです。

ドラマのこれからの展開に注目です。

2話以降の感想とネタバレ

ネタバレ

娘の瞳(山田杏奈)を誘拐されたことがきっかけで、元妻・由貴子(仲間由紀恵)のセレブ生活がすべて偽物で、多額の借金まで抱えていることを知った圭太(向井理)。ようやく連絡が取れた由貴子は、瞳が誘拐されたと聞いて一瞬動揺するが、犯人の見当はついている様子で、自分に任せてほしいと圭太を諭す。しかし圭太は、由貴子が仕事上のトラブルでは片づけられない、ただならぬ事態に巻き込まれていることを察知。「10年前の、あの秘密と関係があるのか?」と、圭太と由貴子がこれまで胸の内にしまっていた過去こそが、事件の発端なのではないかと問いただす。しかし次の瞬間、同じく由貴子を探していた竜二(渡部篤郎)が現れ、由貴子は動揺し逃げ出してしまう――。

そんななか、以前に瞳が夜の繁華街にいたことを知った圭太は、自分の知らない娘の顔をまた一つ知り、救出を急ぐ。一方、菜七子(仲里依紗)からは、瞳が誘拐された当日に、ピアニストの翼(松村北斗)と会う約束をしていたことを聞かされる。瞳の誘拐に翼が関係しているとにらんだ圭太は、翼を見つけ出すため、菜七子の証言をもとに繁華街で聞き込みを開始。すると早速、ジャズバーでピアノを弾く翼を発見するが、圭太に声をかけられた翼は、突然走って逃げ出して……。

タイムリミットが迫るなか、圭太は娘を救い出すため、危険な行動に出る――!
(公式HPより引用)


これ以降の「10の秘密」のネタバレ・感想はこちらで!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう