ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」が1月から始まります。

大人気女優の天海祐希さんが主演するだけに期待の声が大きいです。

椎名桔平さんや広瀬アリスさんなど、脇を固める共演陣も強力です。


今回のドラマの舞台は、東都総合病院の脳神経外科です。

くせ者揃いの医師をまとめるのが、主人公の天才脳外科医です。

その天才脳外科医は、家族を捨てたという罪悪感を抱えながら生きています。

患者の命を救うには、何かを犠牲にしないとやっていけないのが脳外科医の世界です。

他の医師も同様です。

このドラマでは、医師のさまざまな苦悩や葛藤も描かれています。

トップナイフの感想とネタバレ
(公式HPより引用)

トップナイフの放送時間など

トップナイフの放送時間などについてご紹介します。

毎週土曜日22:00~

日本テレビ系

2020年1月11日(土)よりスタート!

スポンサーリンク

トップナイフの主要なキャスト

トップナイフの主要なキャストについてご紹介します。

天海祐希:深山瑤子役

脳神経外科の脳動脈瘤のスペシャリストで脳外科の女帝です。

患者の命を最優先に考えています。

脳外科をまとめる役職にいますが、クセのあるメンバーに翻弄させられます。

過去に家族を捨てています。

椎名桔平:黒岩健吾役

脳神経外科の脳腫瘍のスペシャリストです。

「世界のクロイワ」と言われるほどの実力を持つ脳外科医です。

自分第一主義なところがあります。

広瀬アリス:小机幸子役

自称天才の脳神経外科の専門研修医です。

これまでの経歴はエリート中のエリートです。

しかし、医局では実技ができないダメ医師と言われていますが、本人はまったくそのことを自覚していません。

永山絢斗:西郡琢磨役

外科もカテーテルもできる脳神経外科の自称“天才”医師です。

しかし、かなりのコンプレックスを持っています。

同僚や患者にも心を開きません。



主題歌などはこちらをご覧ください!


1話のネタバレと感想

ネタバレ

東都総合病院で“女帝”と名高い脳神経外科医の深山瑤子(天海祐希)は、脳外部長の今出川孝雄(三浦友和)から、新しく赴任する3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられ、ストレスを抱えていた。

“世界のクロイワ”の異名を持つ世界的名医だが私生活では女癖の悪さで有名な黒岩健吾(椎名桔平)、外科とカテーテルの二刀流で三度の飯よりオペが好きな西郡琢磨(永山絢斗)、そして医学部を首席で卒業した自信家だが現場での実力が伴っていないことに自覚のない専門研修医の 小机幸子(広瀬アリス)。

この日、赴任早々、急患の対応を任されフリーズした幸子の前に現れた深山は、的確な判断と鮮やかな腕で患者の危機を救う。一度傷つけば取り返しのつかない“脳”を扱う脳神経外科は執刀医の腕が全て。深山は現場で使い物にならない幸子に早速苛立ちを覚える。さらにナースたちの間では腕の立つ“トップナイフ”である黒岩と西郡が“女帝”と衝突するだろうと噂されており……。

そんな中、深山は黒岩がオペを担当する脳腫瘍患者の妻・宅間みどり(堀内敬子)から「もっとしっかり患者を診てくれる先生に手術をやってもらいたい」と急遽オペの中止を頼まれる。これまでの経過を診てきた深山が代わりにオペを請け負うものの、みどりの反応はなぜか冴えない。さらに深山は簡単に自分の患者のオペを譲る黒岩と、患者との向き合い方をめぐって衝突!黒岩にライバル心を燃やす西郡がサポートに入り、宅間浩のオペが行われることになる。だがオペ直前、“ある秘密”を抱えたみどりが再び手術の中止を申し出る……。
(公式HPより引用)


今回は、脳腫瘍の患者の話です。

妻のみどりが夫の手術を中止して欲しいと深山に伝えました。

その理由は意外なものでした。

みどりは、手術で夫が元に戻るのを恐れているのです。


夫は腫瘍ができてから、性格が変わってしまいました。

それまでは、夫はギャンブルや女に溺れるどうしようもない生活を送っていました。

家族に暴力を振ることもたびたびありました。

それが、腫瘍ができてからは温厚な優しい夫に一変したのです。

手術をすると、また暴力を振るようなダメな夫に戻ってしまう可能性があります。

みどりはそれを恐れていたのです。


深山はみどりを説得します。

手術が行われると、脳腫瘍ではなく、脳嚢虫症(のうのうちゅうしょう)という病気であることがわかります。

夫の性格が変わったのは、腫瘍のせいではなかったということです。

みどりは複雑な気持ちになります。


そして、いよいよ家族と夫との対面です。

みどりが声をかけると、夫が手を差し出しました。

暴力を振るわれていたみどりは、また暴力を振るわれるのではないかと一瞬固まってしまいます。

しかし、勇気を出して夫の手を取ります。

夫は「やっと帰って来た。」と発します。

温厚な夫のままだったのです。


深山は、BAR「カサブランカ」で黒岩と会います。

黒岩に脳嚢虫症であることを知っていたのではないかと尋ねます。

深山は、脳腫瘍ではないため自分の患者を譲ったのではないかと考えていたのです。

そして、黒岩は「ただの脳腫瘍でないと思っていた。」と返します。

それを聞いた深山は「患者を患者とも思っていないあんたのような医者はいちゃいけない。」と一喝します。


感想

脳腫瘍で性格が変わることがあるとは知りませんでした。

みどりと同じ境遇なら、手術を中止したくなるかもしれません。

手術後も、温厚な夫のままでよかったですね。

帰って来たという夫の言葉には、元の(温厚な)自分に戻ったという意味も含まれているように感じました。


やっぱり天海祐希さんは格好いいですね。

やり手の医者役がぴったりです。


広瀬さんもいい味を出しています。

何もできない自信過剰な医者役です。

最近は、ダメダメな役が多いですね。

「ラジエーションハウス」でも何もできない新人放射線技師役でした。

こういう役がぴったりです。


今後も、深山はクセの強い医者に振り回されそうです。

それはそれで楽しみですが・・・

2話のネタバレと感想

ネタバレ

「女は脳外に向いていない」と公言する黒岩(椎名桔平)と、自信家だが実力のない幸子(広瀬アリス)、さらには黒岩にライバル心剥き出しの西郡(永山絢斗)と、足並みの揃わないドクターたちに手を焼く深山(天海祐希)。

相変わらず調子のいい部長の今出川(三浦友和)は“共感性”の高い深山なら他のドクターの気持ちもわかる、と深山の話を取り合わず……。

そんな中、深山は1年前に脳挫傷を負って回復した後、頭痛が取れなくなったという外来患者・牧羽由香里(松本若菜)を診察する。由香里は、実は脳外のドクターにつきまとわれて困っていることを相談に来たと話し、診察室の集合写真に写った黒岩を指差す!深山から女性関係のトラブルを指摘され心当たりの相手がいる黒岩。しかし翌日、黒岩につきまとわれていると話していたはずの由香里が、黒岩とすれ違っても全く反応しない様子に深山は違和感を抱く……。

一方、自殺未遂を繰り返し屋上から転落した患者・桑原和子(濱田マリ)を担当する西郡は、自殺願望を持つ和子に強い嫌悪感を感じていた。10年前から顔面に強い痛みを感じる“三叉神経痛”を抱えながらも誰にも理解されてこなかったと話す和子は、「“痛み”は誰にもわからない」と諦め顔で語る。西郡は和子のその言葉が気にかかる様子。“痛み”に関する何かが西郡の過去にはありそうな予感で...
(公式HPより引用)


今回は2人の患者のお話でした。

1人目は、バス事故の後遺症に苦しむ由香里についてです。

由香里は深山の診察を受診しましたが、今回病院を訪れたのは受診が目的ではないと言います。

実は、由香里はこの病院の脳外のドクターにつきまとわれて困っているというのです。

そのドクターが黒岩であることがわかりました。


深山は、急いで黒岩に心当たりがないか確認します。

黒岩には心当たりがありました。

すぐに電話で女性と連絡を取ります。

その女性は黒岩のすぐ近くにいました。

黒岩は直接その女性と話をしますが、受診を受けていないことから、深山の言う女性ではないことが判明しました。

深山にこのことを報告に行くと、黒岩と由香里がすれ違いました。

しかし、由香里は黒岩に何の反応も示しませんでした。


深山は、由香里が頭が痛くなることがあると聞いていたので検査を勧めていました。

結果が出ました。

どうも脳血管の一部に異常があることがわかりました。

由香里にそのことを伝えた時に、もう1度脳外のドクターにつきまとわれているという話をしました。

すると、今度は西郡がつきまとっているドクターだというのです。


西郡も心当たりのある女性がいるようで、電話を掛けて確認します。

その女性も違っていました。

その際、女性との間で「あなたは逃げたの。」という意味深な会話が。

実は、由香里は西郡を見ても何の反応も示しませんでした。


深山は、これらのことから由香里はフレゴリの錯覚を起こしていると判断しました。

これは、誰に対しても恋に抱くような強い感情を持ち、他人であるにもかかわらず、その人が恋人などに見えてしまうという現象のことです。

脳の異常でこのような現象が起こるのだと言います。

このため、黒岩や西郡が恋人に見えたのです。


由香里は、以前勤めていた会社の上司のことが好きでした。

しかし、その上司には家族がありました。

これではいけないと感じた由香里は、その上司を諦めるために退職することにしました。

その上司と最後に日帰り出張に言った時にバス事故に遭ったというのです。


その後、由香里が倒れ、緊急手術が行われました。

手術は成功しました。


手術後、由香里はまだ記憶が混乱していて、黒岩が上司に見ていました。

記憶の混乱は一時的なものなのでしばらくすれば正常に戻ると言います。

深山は黒岩に上司として、由香里に話しかけてあげるように言います。

嫌がりながらも、黒岩は上司のフリをして、「今までありがとう。俺が手を握っているからゆっくり眠りな。」と優しく声を掛けました。

由香里は安心して眠りにつきました。


もう1人は、傷みがあるのに信用してもらえない和子についてです。

和子は、以前から顔を針で刺すような傷みを感じていました。

あまりの痛さに化粧ろころか、水を飲むのにも苦労していました。

医者に診てもらっても、原因がわからず、最終的には気のせいではとまで言われていました。

このことが原因で自殺しようとしていたのです。


西郡は、和子の話を聞いて、三叉神経痛を疑いました。

脳腫瘍が三叉神経を圧迫していることで、このような痛みが生じていると考えました。


そこで、和子は手術を受けることにしました。

西郡が予想した通り、脳腫瘍が三叉神経を圧迫しているのが痛みの原因でした。

手術の最中、西郡は電話を掛けた女性から言われた「あなたは逃げたの。」という言葉を思い出します。

すると、手が震えだして止まらなくなります。

西郡に何が起こったのでしょうか?


深山が続きをすることに。

手術は何とか成功しました。


手術後、和子の顔から痛みは完全になくなりました。

あの地獄のような日々からようやく解放されたのでした。


ドラマの最後に、黒岩と深山の子供が登場しました。

子供に関する詳細はまだわかっていません。


感想

脳が原因でいろいろな症状が発生することに驚きました。

三叉神経痛やフレゴリの錯覚については何も知りませんでした。

医者に診てもらって、原因がわからないというのはつらいですね。


ここの脳外には、深い問題を抱えているドクターが多すぎますね。

西郡は、一体何から逃げたというのでしょうか?

どうして、娘は家族を捨てた深山のところにやって来たのでしょうか?

いろいろ気になります。

3話以降のネタバレと感想

ネタバレ

突然転がり込んできた実の娘・真実(桜田ひより)に戸惑う深山(天海祐希)、元交際相手から「あなたの子供だ」と、小学生を突然押し付けられた黒岩(椎名桔平)、バーのチャラいマスター・来島(古川雄大)への恋心を指摘されて動揺する幸子(広瀬アリス)と、脳外のドクターたちのプライベートは前途多難。

子供の面倒を見る為、シフトの調整をしようとする今出川(三浦友和)だったが、深山と黒岩はあえて仕事を優先する。

そんな中、黒岩は関西弁の患者・赤坂(金井勇太)から、生粋の東京人であるにも関わらず、外傷性膜下出血になった後、関西弁しか話せなくなったと相談を受ける。

一方、西郡(永山絢斗)が連日長時間のオペを志願していることを知った深山は、手に震えの出る西郡が何か事情を隠しているのではないかと問い詰めていた中、突然やってきた刑事から“殺人容疑”で連行されそうになる!通報者は「深山のオペで殺された」と主張していて・・・。
(公式HPより引用)


これ以降の「トップナイフ」のネタバレ・感想はこちらで!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう