知らなくていいコトのネタバレと感想【キャスト情報あり】

ドラマ「知らなくていいコト」が1月から始まります。

吉高由里子さんが主演を務めることで話題になっています。


主人公は週刊誌記者です。

政治家の不正などを追うのが仕事です。

しかし、主人公には他の記者から狙われるような重大な秘密があります。

それは、父親がハリウッドスターなのかもしれないということです。

果たして、真実はどうなのでしょうか?

知らなくていいコトの感想とネタバレ
(公式HPより引用)

知らなくていいコトの放送時間など

知らなくていいコトの放送時間などについてご紹介します。

毎週水曜日22:00~

日本テレビ系

2020年1月8日(水)よりスタート!

知らなくていいコトの主要なキャスト

知らなくていいコトの主要なキャストについてご紹介します。

吉高由里子:真壁ケイト役

週刊誌の記者で、「週刊イースト」の特集班に所属しています。

スクープを狙って走り回っています。

母親から秘密を打ち明けられるまでは、仕事&恋共に絶好調でした。

柄本佑:尾高由一郎役

以前は報道カメラマンでしたが、フリーの動物カメラマンに転向しました。

ケイトと過去に付き合っていました。

現在は妻と子供がいます。

重岡大毅(ジャニーズWEST):野中春樹役

「週刊イースト」の連載班に所属しています。

現在ケイトと交際していて、プロポーズすべきかを悩んでいます。

秋吉久美子:真壁杏南役

ケイトの母親です。

映画評論家をやっています。

脳梗塞で倒れ、娘に父親のことを打ち明けて亡くなってしまいます。

佐々木蔵之介:岩谷進役

「週刊イースト」の編集長です。

部下から信頼されるなど仕事がよくできます。

ケイトから尊敬されています。

小林薫:乃十阿徹役

自転車を営む謎の男です。

このドラマのキーマンとなっています。



主題歌などはこちらをご覧ください!
2020年冬ドラマの主題歌2020年冬ドラマの主題歌

1話の感想とネタバレ

ネタバレ

一流週刊誌“週刊イースト”の特集班記者・真壁ケイト(吉高由里子)は、仕事に恋に充実した日々を送っていたある日、同居する映画翻訳家の母・杏南あんな(秋吉久美子)が倒れたと連絡を受ける。未婚のままケイトを育て上げた杏南は、病床でケイトの父があの“キアヌ・リーブス”だと言い残し、あっさり亡くなってしまう!連載班の後輩で恋人の野中春樹の(重岡大毅)に相談するもジョークでは、と取り合われない中、母の書斎から若き日の母とキアヌ・リーブスの写真が出てきて……!

数日後、仕事に復帰したケイトは、ずっと追っていた詐欺のネタを編集長の岩谷 (佐々木蔵之介)に直談判する。ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。杏南の最期の言葉を聞き「ステキじゃないか」と“父親キアヌ説”を否定しない尾高に元気をもらうケイト。尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!!
(公式サイトより引用)


ケイトに誰の子供でも愛していると言った春樹は格好良かったです。

しかし、ドラマの最後でまさかの結婚撤回です。

ケイトが不憫でなりません。

春樹の言葉に救われただけに、ショックが大きかったのではないでしょうか?


父親がハリウッドスターという秘密を持った主人公の姿をコミカルに描いたストーリーを予想していました。

よい意味で大きく期待を裏切られました。

これからドラマがどのように展開されるのか楽しみです。

2話の感想とネタバレ

ネタバレ

母・杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。そのことで春樹はるき(重岡大毅)からプロポーズを取り消されてどん底の気分の中、次週のネタとして“DNA婚活”について調べるよう振られる。
事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。

見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。 しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……! イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際やまぎわ(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野ささの(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。 一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。 撮影に向かう尾高おだか(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!?
(公式サイトより引用)


今回は、早くもケイトの父親が乃十阿徹であることが明らかになりましたね。

母親は、乃十阿は人殺しができるような人間ではないと言っていたのが気になります。

もしかしたら乃十阿は無実なのでと考えてしまいます。


尾高は、殺人犯の子供と知った上でケイトにプロポーズしたことを知って感動しました。

春樹もここまでは同じでしたが、結局結婚を撤回しました。

どうしても、尾高と春樹の人間としての器の大きさを比較してしまいますね。

結婚の撤回は仕方がないとしても、仕事がやりにくいので異動を申し出たり、殺人犯でも見るような目で見るのはどうかと思います。


今後、ドラマはどのように展開されていくのか楽しみです。

来週が待ち遠しいですね。

3話以降の感想とネタバレ

ネタバレ

殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高おだか(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹はるき(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。黒川くろかわ(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽かわはらたつみ(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。

編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。
(公式サイトより引用)


これ以降の「知らなくていいコト」のネタバレ・感想はこちらで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。