花粉症の症状!涙目・さらさらの鼻水など個人差がある

花粉症の症状!涙目・さらさらの鼻水など個人差がある

年々花粉症に悩まされる人が増えています。

花粉症にはどのような症状があるのでしょうか?

ここでは、花粉症の症状についてご紹介します。

花粉症とは?

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の[color color=”red”]花粉が原因[/color]で、くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみなどの[color color=”red”]アレルギー症状を引き起こす病気[/color]です。

[color color=”red”]季節性アレルギー性鼻炎[/color]とも言います。
花粉症の症状!涙目・さらさらの鼻水など個人差がある
最近の調査で、花粉症になっている人と花粉症気味の人を合わせると、[color color=”red”]過半数を超えている[/color]ことがわかっています。

もはや、花粉症は国民病とも言える病気なのです。

今まで何の症状も出ていなかった人でも、急に花粉症になってしまうことがあります。


子供も例外ではなく、子供の花粉症患者が増えています。

小さな子供が、目がかゆいと言っているのをよく見かけますね。

0から14歳までの患者は、過去20年で[color color=”red”]10倍以上[/color]増えているという驚くべき数字が出ています。

全体では、ここ10年で[color color=”red”]約1.5倍[/color]に増加しています。


花粉症は、春頃に大量飛散する[color color=”red”]スギ[/color]や[color color=”red”]ヒノキ[/color]の花粉が原因であることが多いです。

そのため、[color color=”red”]2月から5月にかけて[/color]花粉症の症状が出てきます。

これぐらいの時期にマスクを付けている人や何回もくしゃみをしたり、鼻をかんでいる人をよくみかけます。


しかし、花粉症はスギやヒノキの花粉だけが原因で起こるものではありません。

花粉症の原因となる花粉は、50種類以上あると報告されています。

他には[color color=”red”]イネ科、ブタクサ、ヨモギ[/color]などがあります。

花粉の種類によって、飛散する時期が異なりますので、春だけが花粉症の時期とは言えません。

ちなみに、花粉症になった時は病院でどの花粉が原因か調べることができます。

花粉症の症状にはどのようなものがある?

花粉症の症状は、主に[color color=”red”]目[/color]と[color color=”red”]鼻[/color]に出ることが多いです。

花粉症になると、どうして目や鼻に症状が出るのでしょうか?

花粉は目や鼻から入りやすいです。

そして、体内に入った花粉を体外へ排出するために、私たちの体はくしゃみや鼻水、涙が出るようになっているのです。

花粉症の症状!涙目・さらさらの鼻水など個人差がある

それでは具体的な症状を見てみましょう!

目の症状

花粉症における目の症状には、次のものがあります。

  • [color color=”#009900″]かゆみ[/color]
  • [color color=”#009900″]充血[/color]
  • [color color=”#009900″]涙目[/color]

これが[color color=”red”]目の三大症状[/color]と言われるものです。

[color color=”red”]コンタクトレンズ[/color]を使用している人は悪化しやすいそうです。

また目が乾燥してしまう[color color=”red”]ドライアイ[/color]の人は、さらに症状が悪化することがあります。

鼻の症状

花粉症における鼻の症状には、次のものがあります。

くしゃみ

風邪でもくしゃみは出ますが、花粉症は[color color=”red”]連続して何度でも出ます。[/color]


鼻水

風邪でも鼻水は出ますが、花粉症の鼻水は[color color=”red”]透明のさらさらの液体[/color]のようで、[color color=”red”]何回かんでもまたすぐに出てきます。[/color]


鼻づまり

風邪でも鼻づまりしますが、花粉症の鼻づまりは[color color=”red”]それよりひどい[/color]です。

最悪の場合、[color color=”red”]両方の鼻づまり[/color]が発生することもあります。

花粉症による鼻づまりの場合、風邪薬を飲んでも症状は良くなりません。


目と鼻ともに、その年の花粉の飛散量により症状の程度は変わります。

ひどい場合には[color color=”red”]熱が出たり、体全体がだるくなったりする[/color]ことがあります。


また症状が出る時期については、人により大きく異なります。

花粉の飛散が始まった時に症状が出る人もいれば、花粉の飛散量がマックスの時に症状が出る人もいます。

年によって症状が出たり、出なかったりする人もいます。


このように花粉症は症状が出る時期や程度などに[color color=”red”]個人差がかなりある[/color]のが特徴です。

今までは大丈夫だったとしても、急に花粉症になることがあります。

油断は禁物です。


上記の症状が出てきた時は、花粉症の可能性があるので注意しましょう!

特に花粉症は風邪を引きやすい時期に発症しやすいので、見極めが難しいことがあります。

自分で判断せずに、病院へ行くことをおすすめします。

花粉症は合併症を引き起こす場合などもある怖い病気

花粉症の症状にはいろいろあります。

上で述べましたが、目や鼻に関するものではないでしょうか?

他に、[color color=”red”]のどの痛みや激しい咳、熱[/color]などの症状を訴える人もいます。


花粉症は、こういった単発の症状が現れるだけではありません。

いくつかの症状が、同時に出ることもあります。

もっとも最悪なのが、いくつかの症状が組み合わさって[color color=”red”]重症化[/color]することです。


花粉症は、[color color=”red”]合併症を引き起こす[/color]ことがあります。

花粉症だとなめていると、取り返しがつかない事態を招くこともあるのです。


簡単な例を示します。

大量の花粉を吸い込んでしまうと、気管支がアレルギー反応を起こすことがあります。

すると、気管支が腫れてしまいます。

気管支が炎症を起こすと、痰などが詰まってしまって、呼吸困難に陥ってしまうのです。

特に、喘息患者は要注意です。

最悪、死に至ることもあるといいます。

花粉症の症状!涙目・さらさらの鼻水など個人差がある

また、花粉症は病気を引き起こすだけではありません。

[color color=”red”]交通事故を起こす[/color]原因にもなっているのです。


どういうことかと言いますと、花粉症の人が車を運転している時に、くしゃみや咳などで前方が不注意になってしまい、追突するなどの事故を起こしてしまうのです。

また、薬を飲んで眠くなったのが原因で事故が起こることもあります。


最近、花粉症が原因で起ったと思われる事故が年々増えています。

花粉症の人が運転する際には、十分注意してください。

花粉症の症状!涙目・さらさらの鼻水など個人差がある

このように、花粉症は本当に厄介です。

もし花粉症にかかってしまったら、早期に治療するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。