二十四節気と言われると何のことかさっぱりわからない人もいるでしょう。

春分・夏至・秋分・冬至などの用語は効いてことがあると思います。

これらは、すべて二十四節気に基づくものです。

ここでは、二十四節気とは何なのかなどについてご紹介します。

二十四節気とは

旧暦では、月の満ち欠けに基にする太陰暦が使われていました。

閏年を設けて、季節とのズレを調整していましたが、日々暦と季節にズレが生じることに変わりはありません。

また、太陽の動きを考慮に入れて作られていないこともズレが生じる原因の1つとなりました。

これでは、農業や漁業に活用することはできませんでした。

そこで、太陽の動きを基にした二十四節気が生み出されました。

二十四節気は「にじゅうしせっき」と読みます。

二十四節気とは?読み方は?【一覧】

1年を12個の節気と12個の中気に分けて、それぞれに季節の特徴を表す名称が付けられています。

節気には、立春・啓蟄・清明・立夏・芒種・小暑・立秋・白露・寒露・立冬・大雪・小寒があります。

特に立春・立夏・立秋・立冬は重要と考えられていました。

一方の中気には、雨水・春分・穀雨・小満・夏至・大暑・処暑・秋分・霜降・小雪・冬至・大寒があります。

特に春分・夏至・秋分・冬至が重要と考えられていました。

そして、これらが春夏秋冬に6個ずつ配分されています。

これが二十四節気です。

農業や漁業の目安として活用されました。

スポンサーリンク

二十四節気の春の一覧

二十四節気の春の一覧は、次のとおりです。

時期 意味
立春(りっしゅん) 2月4日頃 暦上の春が始まる日
雨水(うすい) 2月18~19日頃 雪が溶けて雨が降り出す頃
啓蟄(けいちつ) 3月5日~6日頃 冬眠していた虫が地上に這い出してくる頃
春分(しゅんぶん) 3月20~21日頃 昼と夜の長さがほぼ同じとなる日
清明(せいめい) 4月4~5日頃 万物が清らかで明るく美しい頃
穀雨(こくう) 4月20~21日頃 春の雨が降って穀物が成長する頃

二十四節気の夏の一覧

二十四節気の夏の一覧は、次のとおりです。

時期 意味
立夏(りっか) 5月5~6日頃 夏が始まる日
小満(しょうまん) 5月21日頃 万物が成長して草木枝葉が繁る頃
芒種(ぼうしゅ) 6月5~6日頃 芒のある植物の種をまく頃
夏至(げし) 6月21~22日頃 1年の中で昼が最も長く夜が最も短い日
小暑(しょうしょ) 7月7~8日頃 暑さが本格的に厳しくなる頃
大暑(たいしょ) 7月22~23日頃 最も暑くなる日

二十四節気の秋の一覧

二十四節気の秋の一覧は、次のとおりです。

時期 意味
立秋(りっしゅう) 8月7~8日頃 秋が始まる日
処暑(しょしょ) 8月23~24日頃 暑さが峠を越えて涼しくなる頃
白露(はくろ) 9月7~8日頃 冷えにより露ができ始める頃
秋分(しゅうぶん) 9月22~23日頃 昼と夜の長さがほぼ同じとなる日
寒露(かんろ) 10月8~9日頃 露が寒気で凍りそうになる頃
霜降(そうこう) 10月23~24日頃 霜が降り始める頃

二十四節気の冬の一覧

二十四節気の冬の一覧は、次のとおりです。

時期 意味
立冬(りっとう) 11月7~8日頃 冬が始まる日
小雪(しょうせつ) 11月22~23日頃 初雪が降り始める頃
大雪(たいせつ) 12月7~8日頃 雪が激しく降る頃
冬至(とうじ) 12月21~22日頃 1年の中で昼が最も短く夜が最も長い日
小寒(しょうかん) 1月5~6日頃 寒さが厳しくなり始める頃
大寒(だいかん) 1月20~21日頃 最も寒くなる日

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう