大寒とは二十四節気の1つです。

読み方は「だいかん」です。

大寒とはいつのことで、どのような意味があるのでしょうか?

大寒とは!その意味は?

大寒とは、二十四節気の24番目で冬の6番目の節気です。

寒さがもっとも厳しい頃のことです。

そのため、暖かい服装で風邪を引かないように注意しなければなりません。

自宅に帰ったら、手洗いとうがいは必須です。

大寒とは?いつ?その意味は?食べ物は?

大寒は小寒から15日後のことを言います。

大寒から15日経つと寒明けを迎えます。

剣道や柔道などの寒稽古はこの時期に行われます。

スポンサーリンク

大寒はいつ?

大寒は、年によって日にちが異なります。

2020年の大寒は1月20日となっています。

期間なら、1月20日から2月3日まで となります。

次の節気が始まる前日までです。

次は立春で2月4日となっています。


参考までに、その後の5年分も掲載しておきます。

  • 2021年は1月20日
  • 2022年は1月20日
  • 2023年は1月20日
  • 2024年は1月20日
  • 2025年は1月20日

たまたま1月20日となっているだけで、他の日にちの年もあります。

大寒とは?いつ?その意味は?食べ物は?

大寒におすすめの食べ物

大寒におすすめの食べ物についてご紹介します。

この時期になると、寒さを利用した食べ物が仕込まれます。

高野豆腐やこごり豆腐、凍み(しみ)豆腐などと呼ばれることもある凍り豆腐や寒天、味噌、酒などです。

凍り豆腐とは、豆腐を凍らせて乾燥させたものです。

この時期にいろいろな物を作るのは、寒いだけでなく、大気中の雑菌が少ないためです。


鶏卵を食べると金運が上がると言われています。

他には、小松菜金柑(きんかん)も旬となっています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう