大晦日の夜になると、年越しそばを食べる習慣が浸透しています。

そのため、大晦日にたくさんのそばが売れています。

では、どうして大晦日にそばを食べるようになったのでしょうか?

ここでは、年越しそばの意味と由来などについてご紹介します。

年越しそばを食べる意味と由来は?

年越しそばとは、大晦日の夜に食べるそばのことです。

そばを麺として食べるようになった江戸時代中期ごろから始まった習慣です。

当時、商人は月末が忙しかったので、夜遅くなってから三十日(みそか)そばを食べていました。

この三十日そばが年末の慌ただしい大晦日に食べる年越しそばになったものと考えられています。

年越しそばの意味と由来

では、現在どうして年越しそばを食べるのでしょうか?

何か意味があるのでしょうか?

そばが細長い形状をしているため、細く長く健康で長生きできるようにと願いが込められています。

そばは切れやすいので、旧年の災厄を断ち切って新年に持ち越さないという意味で食べる地域もあります。

金銀細工職人が飛び散った金粉をそば粉で集めたことから金運がよくなるという意味もあります。

スポンサーリンク

年越しうどんを食べる地域がある?

年越しそばではなく、年越しうどんを食べる地域があります。

うどんの太くて長い形状から、昔より長寿を祈願する食べ物とされてきました。

うどんも縁起のよい食べ物なのです。

うどんが有名な香川県の一部では、実際に年越しうどんが食べられています。


実は、さぬきうどん振興協議会は、正月に長寿と幸福を願って年明けうどんを食べる習慣を普及させようと力を入れています。

これが広まれば、大晦日に年越しそばを、お正月に年明けうどんを食べるようになるかもしれません。

年越しそばを食べるタイミングは?いつ?

年越しそばはいつ食べればよいのでしょうか?

調べてみたところ、厳密に何時に食べなければならないという決まりはないようです。

ただ、年越しという意味を考えると、午後11時頃に食べるのがよいように思われます。

除夜の鐘を聞きながら食べるという人が多いのも、そのためではないでしょうか?


食べるタイミングは、各家庭や人によってさまざまです。

夕食にそばを食べる人もいれば、昼食に食べる人もいます。

特に決まっていないだけに、基本的にはいつ食べてもよいです。


いつ食べてもよいと言いましたが、唯一避けなければならないことがあります。

それは、年を越してから食べることです。

つまり、年をまたいで食べるのはNGです。

それは、新年の健康運や金運が向上しなくなってしまうためです。

悪い習慣も持ち越してしまうためという説もあります。

そばを残すのも、金運に恵まれなくなるので避けなければなりません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう