お正月に欠かせないものの1つに年賀状があります。

昔からの風習なので出す人が多いです。

しかし、どうして年賀状を出すことになったのかなどその由来を知る人は少ないです。

ここでは、年賀状の由来や歴史などについてご紹介します。

年賀状の由来!年始回りが関係している!?

新年のあいさつのために出される年賀状。

年が明けて、親戚や知人などお世話になった人を訪問してあいさつするのが年始回りです。

年始回りは、1月2日以降に目下の者が目上の者を訪れるのが基本です。

遠方の人は訪れたくてもなかなか訪れることができません。

年始回りができない場合に、年賀状で新年のあいさつを行うようになったのが始まりだと言われています。

スポンサーリンク

年賀状の歴史

いつから年賀状が出されるようになったのかは定かではないようです。

江戸時代になると、輸送・通信手段としての飛脚制度の充実によって、手紙が普及していきました。

明治4年(1871年)に郵便制度が誕生しました。

この時の年賀状は封書で送られていたのだと言います。

最初からはがきで送られていたわけではないのです。

理由は簡単で、まだはがきが販売されていなかったためです。


明治6年(1873年)に郵便はがきが販売されるようになりました。

手紙のように長文を書く必要がなく、料金が安かったので、はがきで出すことが主流となっていきました。

そして、一般庶民の間で普及していくこととなったのです。


その後、関東大震災や第二次世界大戦などで一時減少しますが、戦後見事に復活しました。

昭和25年(1950年)のお年玉付き年賀はがきの登場で発行枚数が一気に増えていきます。

当時の賞品は、特等がミシン、1等が純毛服地、2等が学童用グローブ、3等が学童用こうもり傘などでした。

この時代においては、これでも豪華な賞品だったのです。

最近は、メールで新年のあいさつを済ませる人が増加し、年々発行枚数が減っています。

年賀状の由来

年賀状は元日に出していた!?

年賀状は、新年のあいさつのために出すものなので、元日に到着させてと考えている人がほとんどです。

年賀状が元日に到着するための期限が決まっています。

12月25日までに出して欲しいと郵便局が周知しています。


昔は、年賀状を元日に書いて出していたと言います。

明治時代には前年の年末に出すようになりました。

以前は年賀状にも消印が押されていました。

1月1日の消印を押してもらうには、前年の年末に出さないといけなかったのです。

しかし、年賀状の数が多すぎて、年末に出しても1月1日の消印を押してもらえないことがよくありました。

その対策として、12月20~30日に出された年賀状は、1月1日の消印を押すという特例ができました。

そして、現在は消印が省略されています。

年賀状にはどうして冬なのに新春・迎春などと書くのか

多くの年賀状には、新春・迎春・賀春など「春」という文字が書かれています。

1月と言えば真冬です。

まだまだ春というイメージは湧きません。


明治時代初期までは旧暦が使われていました。

旧暦では、立春から1年が始まっていました。

そのため、立春は正月と考えられていました。

このことから、旧暦では次のように定義していました。

  • 春:1~3月
  • 夏:4~6月
  • 秋:7~9月
  • 冬:10~12月

これでいくと、1月は春なのです。

そのため、年賀状には春という文字が使われています。

旧暦から新暦に変わっても、この習慣が継続されてきたのです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう