祝い箸にはどのような意味がある?いつまで使うの?

祝い箸にはどのような意味がある

お正月にお雑煮やおせち料理を食べる際には、祝い箸を使います。

昔からの慣習の1つです。

祝い箸の形の由来や意味について知っている人は少ないです。

ここでは、祝い箸の意味などについてご紹介します。

祝い箸とは?使ってよい方向が決まっている?

お正月に当たり前のように使っている祝い箸。

その形は独特で、両端が細く、真ん中が太くなっています。

通常の箸は、片方の端は細く、もう一方の端は太くなっています。

祝い箸にはどのような意味がある


両端が細いということは、両方を使ってもよいということでしょうか?

さすがに両方を使うというのは考えられないので、すぐに誤りであるとわかります。

それなら、片方は自分で食べる用で、もう一方は取り箸用なのでしょうか?

一見正しいようにも思えますが、これも誤りです。


祝い箸はどちらでも使えそうな形になっていますが、実はこれには特別な意味があります。

片方は自分で使いますが、もう一方は年神様が使います。

そのため、もう一方を使うとバチ当たりになると言われています。


お雑煮に入っているお餅もおせち料理も、年神様へのお供え物です。

そのお供え物を私たち人間がいただき、新年の幸福を祈願します。

つまり、年神様と人間は同じお雑煮とおせち料理をいただきます。

そのため、両端が細く作られているのです。

このように考えるとわかりやすいですね。


箸の真ん中が太くなっているのは、米俵を意味し、五穀豊穣を祈願しています。

子孫繁栄を祈願して妊婦のお腹も表しています。


材質はで、厄を払うという意味合いがあります。

柳は神が宿る霊木とされています。

祝い箸はいつまで使う?

祝い箸をいつまで使えばよいのか気になります。

お正月の期間使えばよいということはわかりますが、それがいつまでなのかわかりません。

実は、地域によって使う期間が異なります。

三が日(1月1~3日)だけというところと、松の内の期間中ずっと使うというところがあります。

松の内は、関東では7日まで、関西では15日までというのが一般的です。

昔からの慣習なので、どちらが正しいというものはありません。

祝い箸は洗う?洗わない?

祝い箸を洗うのか洗わないのか迷っている人もいるかもしれません。

実は、特に決まりはありません。

食事の都度洗って袋に戻しておくのが一般的です。

地域によっては、洗わずにそのまま袋に戻しておきます。

どちらでもよいのですが、衛生上気になるのなら洗うとよいです。

祝い箸の処分方法

祝い箸の処分方法についてご紹介します。

基本的には、しめ飾りなどの正月飾りの処分方法と同じでよいです。

どんど焼きで燃やしてもらうのが一般的です。

家庭の一般ゴミでもOKです。

どんど焼きとは正月飾りの処分方法は?どんど焼きとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。