「図書館戦争」で岡田准一と共演した榮倉奈々、ジャニーズの“身長タブー”を破ったと絶賛される!?

10日から公開され、大人気の映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」。

岡田准一と榮倉奈々の仲のよさが話題になっています。

榮倉はジャニーズの“身長タブー”を破り、業界から称賛の声が上がっているというのです。

これは、一体どういうことなのでしょうか?
geinouranking






<関連商品>
図書館戦争 プレミアムBOX 【Blu-ray】


「図書館戦争」は、前作がヒットし、続編を望む声が上がっていました。

本当に、アクションシーンは見ごたえがありました。

最近は、本格的な日本のアクション映画が少ないので、余計に素晴らしく感じました。
芸能ブログ 芸能裏話・噂


芸能 映画「図書館戦争」ロケ地で使われた図書館が素敵!
geinou reading
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking


岡田と榮倉は、息が合っていて、なかなかの名コンビです。

普通なら、このコンビが結成されることはなかったというのです。

どういうことなのでしょうか?


実は、ジャニーズは所属タレントより身長の高い女優との共演をNGにしていると言われています。

ジャニタレが共演女優よりも身長が低いと、見栄えが悪いからでしょう。

それなら、長身の榮倉は岡田と共演できないはずです。


このコンビが実現できたのは、原作の設定が大きく関係しているというのです。

原作では、榮倉演じる笠原郁が身長170センチのスレンダーなモデル体形で、岡田演じる堂上篤は身長165センチという設定になっているのです。

郁が口論の際に、篤に「チビ」と言っています。

ジャニタレがチビ扱いされることなど、今まででは考えられないことです。

そのため、榮倉は「ジャニーズタブーを破った」と絶賛されているというのです。

原作がこのような設定になっていなければ、榮倉が選ばれることはなかったかもしれませんね。


最近、映画の番宣で、2人がテレビ番組に出演しているのをよく見かけました。

本当に、仲がよさそうで、よい関係が築けているようです。

 
(以下引用)

「8日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)では、普段からトレーニングや高タンパク質の食事摂取を心掛けていると語った岡田と榮倉に対して、嵐から“筋肉兄妹”と名付けられていました。また、榮倉が岡田の“ゴリラ顔”をイジったり、逆に岡田は、試写会での榮倉のセクシードレスを『背中開きすぎ!』とイジるなど、ネット上では『岡田が付き合ってるのは、本当は、宮崎あおいじゃなくて、榮倉なのでは?』と疑いの声が上がるほどに、2人の仲は良いようです」(週刊誌記者)

(サイゾーウーマンより)



確かに、仲がよいように見えますね。

宮崎ではなく、榮倉と交際しているのではと疑われても不思議には思いません。

ただ、榮倉は岡田の恋人というよりは、妹のような感じに見えてしまうのですが。

私だけでしょうか?


芸能 2015年10月8日放送「VS嵐」 バンクボーリングで番組史上初のスペア、出演者も視聴者も騒然!
geinou ranking
geinou reading
→ geinou ranking
geinou ranking

スポンサーリンク


最近は、背の高い女性が増えてきました。

以前のように、男性の方が女性よりも背が高いのが当たり前だという時代は終わりつつあるように思います。

新垣結衣や長澤まさみなど、長身の人気女優は結構います。

個人的には、ジャニタレが背の高い女優と共演してもよいと思いますが。

今後は、どうなっていくのでしょうか?

気になりますね。


芸能 まさかあの女優があんなに背が高かったとは?

芸能人の身長一覧表 嵐、ジャニーズ、俳優から女優まで高い順に
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking


菜々緒と山田涼介の身長差が話題に!ジャニーズと共演NGになる!?


[人気の芸能ニュース]

・出禁!体操・田中理恵、日本体操協会からひんしゅくを買い、まさかの出入り禁止扱いに!
人気ブログランキング1位(エンタメSCOOP)

・新相棒・反町隆史に絶賛の声!も、新相棒登場回としての視聴率は過去最低…脚本の劣化にも不安の声が
人気ブログランキン6位(スクープ!エンタメ 芸能 のツボ)


ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界の噂



banner01

このページの先頭へ