木村拓哉が映画「HERO」への松たか子の起用に不満だった!?「彼女はもういいんじゃない?」

来月公開されることになっているSMAP・木村拓哉主演の映画「HERO」。

驚くことに、木村が松たか子不要論を唱えていたというのです。

これは、一体どういうことなのでしょうか?
geinouranking






<関連商品>
HERO DVD-BOX(2014年7月放送)


「HERO」と言えば、木村の代表的な作品です。

2001年放送時には、松がヒロインを務め、全話の平均視聴率が30%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を超える大ヒットとなりました。

その後制作された映画も好評でした。
芸能ブログ 芸能裏話・噂


昨年、キャストを一新して、同ドラマの続編が作られました。

ヒロインには北川景子が起用され、全話平均で21.3%を記録しました。

今の時代なら、20%を超えれば、かなりの好成績と言えます。


そして、今回映画の第2弾が公開されることになったのです。

目玉の1つが、前ヒロインの松が登場することです。

松の出演を期待しているファンも多いと思います。


SMAP・木村拓哉主演「HERO」の映画化が決定!ついに松たか子が復帰!


しかし、撮影直前に、松の起用をめぐって、木村とSMAPチーフマネジャーである飯島三智氏との意見が分かれていたそうです。

木村は、松不要論を唱えていたというのです。

本当なら、驚きですね。

てっきり、松の再登場を喜んでいるのかと思ったのですが。


芸能 SMAP・木村拓哉主演「HERO」で共演者事務所から不満が続出!“次回作の話があってももうタレントを出さない”
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking
geinou ranking


どうして、木村はこのように考えたのでしょうか?

映画の台本を読んだ木村は、飯島氏に対して次のような不満を漏らしたそうです。

 
(以下引用)

「松が再登場することについて、『彼女はもういいんじゃない?』と言い出したんです。台本によほど違和感を覚えたのか、飯島氏だけでなく撮影スタッフにも『新メンバー(北川)でも数字は獲れている』『(松が)出る必然性がわからない』などと、すったもんだのやり取りが行われたと言います」(テレビ局関係者)

(サイゾーウーマンより)


もっとも松を出演させたかったのは、飯島氏だといいます。

松と言えば、映画「アナと雪の女王」で大きな話題になった女優で、これ以降目立った仕事はしていないようです。

そのため、間違いなく注目が集まります。

飯島氏は、映画の話題性アップに松の注目度を利用したかったのでしょう。

併せて、松は前ヒロインですから、現ヒロインの北川との共演で、さらなら話題作りを行いたかったのかもしれません。


木村拓哉主演の映画「HERO」に松たか子が出演も「信長協奏曲」のせいで大ピンチ!?


木村の言い分もわかりますね。

続編ドラマでは、北川などの新キャストで、ある程度手ごたえを掴みました。

それなのに、今更松を出演させなくてもという気持ちになったのでしょう。


ただ、フジテレビには激震が走ったといいます。

妊娠中の松のスケジュールを押えたにもかかわらず、木村の口からそのような発言が飛び出したのです。

無理はありませんね。


芸能 かっこよすぎ!「HERO」共演者が語るキムタク伝説がすごかった
geinou reading
geinou ranking
geinou reading
geinou ranking

スポンサーリンク


映画の撮影は、和やかな雰囲気の中で行われたそうです。

ある程度、木村は納得したのでしょうか?

個人的には、木村がキャストのことまで口を出してきて、不満を言う俳優には思えませんが。

事実は、どうなのでしょうか?


芸能 本当なの?

SMAP・木村拓哉が羽生結弦と浅田真央に出演オファー!?
geinou ranking
geinou reading
geinou reading
geinou reading


[人気の芸能ニュース]

・4代目相棒に吉高由里子説が浮上で賛否両論の声!反町隆史らの名前も
人気ブログランキング1位(エンタメSCOOP)

・辻希美の長男が幼稚園を退去させられた?!ブログ掲載写真を巡ってママ友とトラブルに!
人気ブログランキン6位(スクープ!エンタメ 芸能 のツボ)


ブログランキングに参加しています。今後ともよろしくお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

芸能界の噂



banner01

このページの先頭へ